トレード手法

4 time frame stochastic 2

4つの時間足のストキャスティクスのクロスの状態がわかるインジケーター

今回は4つの時間足のストキャスティクスの状態がわかるインジケーター「4 time frame stochastic 2」の解説をしていきたいと思います。

4つの時間枠のストキャスティクスのクロスの状態が視覚的に確認することが出来ます。
実際にチャートに表示するとこんな感じになります。

4 time frame stochastic 2の表示

上の画像はドル円の5分足です。
下から順に、5分足・15分足・30分足・1時間足が表示されています。
(表示したい時間足はパラメーターの設定を変えることで変更することが出来ます。)

このように緑とピンクのバーでストキャスティクスのクロスの状態がわかるようになっています。

緑の状態がストキャスティクスのゴールデンクロス、ピンクの状態がデッドクロスとなります。

4 time frame stochastic 2を使ったトレード方法

では、4 time frame stochastic 2を使ったトレード方法を解説していきます。

基本的には、すべてのバーの色が緑になったら買いエントリーピンクになったら売りエントリー1つでもバーの色が変わったら決済という形で見ていきます。

4 time frame stochasticトレード検証

今回はドル円の15分足を使って、上記のルールで検証してみました。
赤線で囲った部分が売りエントリー、青線が買いエントリーとなります。

全ての色が揃った次の足の始値でエントリー、一つでも色が変わった段階で決済した場合上の画像のような結果となりました。

今回は15分足を使って検証してみましたが、1分足のような短い時間足だとコロコロ色が変わってしまうため、あまり機能しないような感じでした。

このインジケーターを使ってトレードをする場合はやはり15分足位がちょうどいいのではないかと思います。

「4 time frame stochastic 2」のダウンロードはこちらからどうぞ↓

4 time frame stochastic 2

今回の検証の数値はインジケーターのデフォルト設定のまま行いました。

4 time frame stochastic 2設定値

全部の色が揃ったらアラームやメールで知らせてくれる機能もついているのでパソコンから離れていても使えるので便利です。

ストキャスティクスの数値に関しては下記の記事などを参考にして変えてみても面白いかもしれませんね。

 

しかし、「4 time frame stochastic 2」はあくまでもストキャスティクスのクロスの状態を確認出来るインジケーターなので、実際にトレードをする際にはしっかりと相場状況を確認する必要はあるかと思います。

 

お名前.com

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。