テクニカル分析

ATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)有効活用して利益を伸ばそう

ATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)有効活用して利益を伸ばそう

トレードをしていると、どこで決済をしたり、損切りをしたりするのを迷うことよくありますよね。

そんな時の目安になる「ATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)」を紹介したいと思います

ATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)の設定

ATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)の設定方法を説明していきます。

まず、ATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)をこのページ下部からダウンロードして、MT4に入れます。

MT4への入れ方がわからない方は、こちらの記事を参考にしてください

 

パラメーターですが、まずはデフォルトでいいのかなと思います

ATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)の設定

相場や通貨ペアに合わせて調整すればいいのかなと思います。

ラインの色は好みの色にしたり、太さを変えるなどして見やすい形にしてくださいね

 

チャートに表示させるとこんな感じです(5分足)

ATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)のチャート上に表示

見やすいように、デフォルトより線を太く表示させています

 

15分足

ATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)15分足

 

1時間足

ATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)1時間足

 

ATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)をトレードに活かすには

ATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)をトレードに活かすには、トレンドフォローとなっているときに使うのがいいのかなと思います。

トレンドフォローで使う

レンジで何度も色が変わるときではなく、一定方向に動くトレンドのときに有効活用できそうです。

 

具体的なトレード

黄色いサポートラインを割ったらinします

赤いATRの色が赤から青に変わったら決済

少し前にひげだけ飛び出ているところがありますが、この部分は足が確定していないので決済しません。ただ、結果的には、似たようなところで決済されていますけど(^_^;)

後は、だましに合わないように、

足が確定してから入る

線にタッチ、または線の色が変化したら決済する

状況に応じで変化しますが、線のタッチでも利確や損切りをするということも頭に入れておくと良いのかなって思います。

 

更に確率を上げるために、色々な時間足を見るのもいいのかなと思います。

例えば、1時間のこのチャート

1時間足で1日分

ピンクの線で挟んだところが1日分の動きです

 

これを、5分足のチャートで見ると

5分足で見てみる

1時間足で赤から青い線に変わったときには、5分足では既に青色に変わっていました

5分足、1時間足とどちらも青色になったところから買いを考える

さらに、できるだけ利益を伸ばしたいので、5分足のATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)も参考にしますが、

1時間足のATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)も参考にして、利益を伸ばしていきます

1時間足で見ているので、5分足に出ている色がちょこっとだけ変化するノイズ(黄色い丸で囲んだところ)も無視できて、利益が伸ばせます。

どこまで利益を伸ばすかですが、1時間足のATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)変化をさんこうにすれば、次の日まで持ち越します。持ち越すのが嫌なら、5分足で決済してもいいですし、他の時間足を見ながら決済してもいいのかなと思います(^^)

 

ATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)のダウンロードはこちらから
ATRStops_v1.1(ATRStops_v1[1].1)

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。