FXプライム

FXプライムの口座開設方法

FXプライム口座開設方法と約定力100%などのメリットをご紹介します!

FXプライム口座開設の最大のメリットは強力な約定力です!
そのためスキャルピングトレーダーにも好評で指標発表時にも揺るがない安定があります。

約定率100%が売りで、スリッページがありません!
スリッページ比較表

確かに注文入れてから全然約定しないあのイラだちは半端ないですからねw

下記はFXプライムのスペックです↓

取引通貨ペア数 20通貨
最小取引数量 0.1ロット(1000通貨)
取引手数料 無料
取引ツール 選べる外貨、プライムチャート(PCブラウザ版)、PRIMEアプリS(スマホ版、タブレット版)
最低維持証拠金 特になし
キャッシュバック あり(最大200万円)

 

今なら口座開設で最大1万円のキャッシュバックがあります↓
>>口座開設はコチラへ

FXプライム口座開設キャンペーン

FXプライムでは新規口座開設されて方のなかで条件をクリアーした方に「高級カタログギフト」プレゼントキャンペーンを実施しています。カタログは毎月変わり時期によっては高級牛肉、カニやフルーツなど様々ですが最大10万円相当の品を貰えます。
高級カタログギフト

その他にも通貨別のキャンペーンも随時実施しています。
特定通貨ペアを一定数量取引することで最大200万円のキャッシュバックを貰えます!
キャッシュバックキャンペーン

時期によって通貨ペアが変わるので毎月要チェックが必要です!

定期的なオンラインセミナーが充実

FXプライムの強みはそれだけではなくオンラインセミナーも充実しているという事が清水は口座開設した大きな理由になります。下記がFXプライムでのセミナー・イベント情報になります。

FXフレンズ内でも大注目のバカラ村氏のオンラインセミナーがあったりと大注目です!
セミナーページ

特にFX初心者はもちろんトレードしている人は無料なので積極的に自分のトレードレベルを高める為にも参加するべきかと思います。しかもオンラインセミナーは、自分の家でFXで結果を出している方々のセミナーを無料で参加できるのですから魅力たっぷりです!

なお、オンラインセミナーを視聴するにはFXプライムへの口座開設が必要ですので、まだ開設されていない方はお急ぎください!

↓まずは下記をクリックしてみてください。
FXプライム口座開設はこちら

当サイトから口座開設された方には、FXフレンズからプレゼントがあります
今なら【テクニカル分析ハンドブック】をプレゼントしています。

100ページ超の大容量なので、ぜひこの機会でゲットしてトレードに有効活用していただければと思います!

FXプライムの口座開設方法

こちらからから進めていきます。
今すぐFXをはじめる

 

次に名前や住所などの必要事項を記入。
名前や住所の入力

同意の確認

 

次に内容に問題ないか確認して申し込み。
内容の確認
この内容で申し込む

 

次に本人確認書類を送付。
清水の場合は運転免許証を送付しました。
身分証明書の添付

 

次にマイナンバーの提出。
マイナンバーの提出
表面と裏面

 

1 表面と裏面を選択。
2 アップロードを選択。

これで登録受付が完了しました。
登録受付完了
登録完了

それから2日後くらいにメールにて身分証明書の確認が完了したと届きます。

 

そして最後にFXプライムの口座開設完了のお知らせがメールで届きます。

メールの内容としては口座開設通知書と呼ばれるログインする際に必要なIDとパスワードが記入された大事な書類が簡易書留で送りますよということです。あとは1日待てば簡易書留が自宅に届くと思いますので、受け取り、書いてあるIDとパスワードを入力すればFXプライムの利用開始となります!
FXプライム口座開設完了

 

なおFXプライムの口座開設をすると最大で10,000円のプレゼントキャンペーンもやっているのでこのタイミングに口座開設をオススメします!
新規口座開設キャンペーン

その他、証券会社のスプレッド比較は下記記事を参考にしてみてください。

証券会社のキャンペーン比較下記はこちらに用意してありますので是非参考にしてみてください。

FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。