FX初心者

FXで利確のタイミングを勉強できるインジケーター「DinapoliTargets」

FXで利確のタイミングを勉強できるインジケーター「DinapoliTargets」

FXフレンズの森田です。

今回は「DinapoliTargets」というインジケーターについて書いていきます。

「DinapoliTargets」はロスカット位置と、利確の目標を3本表示してくれるインジケーターです。

ポイント以前紹介した、「ZigZag」という高値と安値にラインを引いてくれるインジケーターの値を参考に表示してくれます。

FX初心者でまだ、利確のタイミング、ロスカットのタイミングをなかなか決めれない方にとっては特におすすめです。

また、稼いでいるトレーダーの多くは、利確の目標(タイミング)をいくつか設定しています。

設定する時に参考にするものは、高値安値、水平線、ピボット、フィボナッチなど人それぞれですが…

利確目標を複数もつことに慣れるのにも「DinapoliTargets」の値は参考になります。

それでは実際のチャートを使って書いていきます。

「DinapoliTargets」の基本的な使い方

「DinapoliTargets」をチャートに入れると以下の画像のようになります。

「DinapoliTargets」のチャート

上のように、白、赤、緑、黄、紫の5本の線が自動的に表示されます。

それぞれの線の意味ですが、

白線:エントリーポイント

赤線:ロスカットライン

緑線:利確の第一目標

黄色線:利確の第二目標

紫線:利確の第三目標

となっています。

非常にわかりやすいのが嬉しいですね。(色の設定ができなのが少し残念ですが。)

注意点リペイントした時の価格が、必ずエントリーポイントになるとは限りません。

つまり、ほとんどの場合、表示させた時にプラスになっています。

(ロスカットラインを超えてリペイントした時に、表示は少し利益がある状態になっています。)

「DinapoliTargets」を使ったトレード手法

基本的に「DinapoliTargets」は、FXで利確のタイミングを勉強するのに使うのがおすすめです。

ただ優秀なインジケーターなので、「DinapoliTargets」を使ったトレード手法もあります。

「DinapoliTargets」をマルチタイムで使う手法です。

具体的には、1時間足で「DinapoliTargets」が利確の第一目標に向かっている時に、15分足や5分足で同じ方向にエントリーします。

他の多くのトレード手法と同じく、大きな時間足の方向に合わせて、細かく利益を積み上げるトレード手法になります。

注意:今ちょうど良いチャートがないので、後日追加でチャート画像もアップします。

 

今回は、「DinapoliTargets」を紹介しましたが、大切なのは最初にも書きましたが、稼いでいるトレーダーの多くは、利確の目標をいくつか考えていることです。

勝ちか負けだけだとギャンブルに近くなってしまうので、積み上げる感覚をつかんでくださいね。

すぐに使えるように「DinapoliTargets」をダウンロードできるようにしておきました。

「DinapoliTargets」のダウンロードはこちら

FX初心者の方には特におすすめのインジケーターなので、一度使ってみてください。

 

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。