トレード手法

ロールリバーサルで転換を狙っていこう

ロールリバーサルで転換を狙っていこう

ロールリバーサルですが、色々な場面で登場します
これは、知っておく必要がありますので書き留めておきます

ロールリバーサルとは?

ロールリバーサルとは相場の意思を映し出す鏡のようなものです
この考えは非常に大事ですので覚えておいてくださいね

ロールリバーサルとはサポートレジスタンスなどの重要な節目を抜けた時に起きる価格の挙動です
ロールリバーサル手法として確立した手法を持っている方も多いです

私の手法のひとつでもありますが、節目の重要性や強さの見極めが鍵となります
ここを誤ると手法としての効果は弱くなります

まずは下記画像をご覧ください
何度も売りオーダーがはじき返されています

何度も売りがはじき返される

ここで、仮に引いてあるラインを抜ける位置で売りエントリーしようとすると数回ロスカットされる場合も考えられます
では、ラインでエントリーしないで抜けてからエントリーするとします

ロールリバーサルのチャート

このように一旦ブレイクして、「節目に戻って来て再度ブレイク方向にエントリーする事をロールリバーサル」と言います

ロールリバーサルの考え方

ロールリバーサルは相場の意思と前に書きましたがこれはどういった事でしょうか?

市場参加者の意思

一つの重要な節目であるラインやゾーンに対して、市場参加者はここははじき返されて売りだと考える一方、ここを上抜けてそろそろ流れを転換させてやろうと考えます
節目で売り買いが拮抗した戦いがあります

市場参加者の戦い

簡単にチャートで表すと下記のようになります
何度も抜ける事の出来なかったレジスタンスを抜けて、「果たしてこの抜けた事は本物だろうか?」という意思と「やはり売りだろう」という意思と「ロスカット」や「ロールリバーサルでの新規エントリー」など、この1本のラインに市場参加者の意思が現れるのです

ロールリバーサルを表した画像

本当の節目を抜けた時はトレンド転換を起こす場合が多いので、注意して見ておくことも必要です

転換して喜ぶ場合と悲しむ場合

ロールリバーサルを起こすラインとトレード手法

ロールオーバーを起こすラインやトレード手法を一般的な例で説明します

ロールリバーサルのライン

水平線、高値安値、ネックライン、ピボット、フィボナッチレベル、トレンドラインなどなどたくさんあります
どのラインが有効なのかは、状況によって変わります
下記からは、私が良く使うパターンをいくつかご紹介いたします

ただし、ここで大事なのはラインを背にして戦う事です
この事はわかる人にはわかる事ですが、ロールリバーサルの戦いを行って行くと腑に落ちるはずです

ロールリバーサルのトレード方法

ロールリバーサルのトレード方法をここでは掲載していきます

まずは、キレイでは無いネックライン抜けでのエントリーですね
キレイな形でも良いですが、基本は上昇のトレンドの終着点からの三角の形が大事ですし、より実践的に三角をイメージ出来るようにあえてきれいでは無い画像を使っています

変形ダブルトップからのロールリバーサルを意識してエントリー
変形ダブルトップからのロールリバーサル

変形ヘッドアンドショルダーからのロールリバーサルを意識してエントリー
変形ヘッドアンドショルダーからのロールリバーサル

下記の場面では、ロールリバーサルは起きていませんが、応用としてダブルトップの天井部分でMACDのダイバージェンスが起きていれば、早めに売ってネックラインのロールリバーサルを起こす前にポジションを取っておき少し優位にロールリバーサルを待つという方法もあります
少し獲得ピップスが多くなるケースが多いです

応用ルールでの狙い方

〇上昇ウェッジからのロールリバーサル
上昇ウェッジからのロールリバーサル

〇逆ヘッドアンドショルダーからのロールリバーサル
逆ヘッドアンドショルダーからのロールリバーサル

ロールリバーサルのまとめ

ロールリバーサルでのエントリーなどは書き出すとキリがないので、まとめさせてもらいますが、強い抵抗でもファンダメンタルの要素によっては簡単に抜けていく事もあります
最近のドル円の下落などもそうですね

逆にバリア観測されている部分はなかなか抜けませんので抜ける時はストップロスを巻き込んで大きく動きます
バリアにはバリアの攻め方があります

また、抜けるか抜けないの判断材料には、ローソク形状であったりダウの高値更新安値更新などもあります
色々な視点を持ち根拠の積み重ねが大事な事となります

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。