MT4

mt4コピー君でコピートレード始めました

mt4コピー君でコピートレード始めました

mt4コピー君を昨晩購入しました
今まで使っていた海外の無料コーピートレード商品が割と多い確率でうまく行かない時があるので信頼性が乏しいからです

使う用途ですが使用している口座が多いので裁量のコピーですね
下手な画像ですいませんが、下記のように自分の口座を自分の他の口座にコピーできます
mt4コピー君の使用イメージ

コーピー先の口座のMT4は立ち上げておかなければいけませんが、チャートを1枚だけ出しておけば良いのでパソコンの負荷は高く無いです

EAは最初から全く使う気は無しです
ツールにツールを預ける気にはどうしてもなれません
経験から言いますがEAは暴走する事があります、どんなに優秀でも可能性はゼロではありません
ですから本気でやるなら1口座1EAですね

それで、簡単に設定できると思ったら結構つまずきましたね 笑

mt4コピー君で間違えたところ

mt4コピー君では、設定方法をサイトで書かれています
mt4コピー君 オンラインヘルプはこちらから

mt4コピー君の設定ですが基本的には画像のような順番で行って行くと間違える事はありません
mt4コピー君の設定順番

私が間違えたのはmt4コピー君を複数起動する点ですね
つまりコピー元は私が操作してトレードをしているMT4です
コピー先は3つまで出来ますので3つにしていますがmt4コピー君を3つ立ち上げなければいけません
説明ページにも書かれているのですが、すっかり見落としていました

mt4コピー君で設定間違いしたところ

基本的に間違える事は丁寧に読み進めていくと無いとは思います
私の場合は、「設定」→「送信側設定」に下記のようなチェック項目があるので複数立ち上げなくても良いと勘違いしていました

mt4コピー君の送信設定

あとは、実行ボタンの押し忘れです
結局3回目で全て上手く行きました

mt4コピー君の実際の約定の差は

mt4コピー君を使って実際の約定レートの違いはどうか気になる方は多いですよね?
私はコピートレードは海外のを以前から使っていましたので、その疑問に実際に使っている目線から答えておくと気にしなくても良いという結論に達しました

コピー元が100円で買い注文→0.1秒遅延したと仮定
コピー先は100.001円で約定
このケースは不利になります

コピー元が100円で買い注文→0.1秒遅延したと仮定
コピー先は109.998円で約定
このケースは有利になります

つまりここはランダムですので、将来的には確率50パーセントで有利不利となるわけです

コピートレードの問題点は、経験者でなければわからない点があります
それは、スプレッドです

ABCDと4つの会社があったとします

ドル円のスプレッドが・・・
A社が0.2ピップス
B社が0.5ピップス
C社が0.8ピップス
D社が1.2ピップス

このような状況の場合は一番不利なD社を使うべきです
もちろん遅延による有利不利はありますがこうする事が重要となります

スプレッドの影響を受けない取引は大事ですが、スキャルピングメインの方は意識しておいてください
また、逃げる場面でも重要になりますよね

私は、逃げるのが神のように上手いので、これは重要項目でした 笑

ここまで説明して来ましたが、mt4コピー君は複数口座で取引している方には必須と思います
朝だけ、EAをコピートレードするのも当然ありですよね
年間5000円程度ですし、昨晩試し買いの1取引だけで元は取っています

昨日と今日の試し買いの画像です
マジックナンバーが入っているので、すぐにどれがmt4コピー君の取引かわかります
mt4コピー君の取引

mt4コピー君はこちらから

海外の不安定な無料ツールを苦労しながら使うよりの、最初からmt4コピー君を使っておけば良かったと後悔しています

他にも良いツールはたくさん販売してますよ
次回にまた紹介しますね

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。