テクニカル分析

ダブルトップ・ダブルボトムを大衆心理で読み解く

ダブルトップ・ダブルボトムになる理由を大衆心理で考える

ダブルトップ・ダブルボトムはトレンド転換サインだから、見つけたらエントリーだ!!

それでも勝てる時は勝てますが「何故そうなるのか?」という背景を理解すると応用が効きます。

FXには膨大な市場参加者がいるので、教科書的に綺麗なダブルトップ・ダブルボトムが形成されるケースの方が少ないです。

これはダブルトップか…な…?と迷う場面も多いと思います。

そんな時に大衆心理も踏まえて、チャートパターンの成り立ちを考える。
これが出来るようになると、チャート分析のレベルが上がります。

今回はドル円チャートを用いてダブルトップの事例を解説しますが、ダブルボトムも基本的な概念は同じです。

ダブルトップに早い段階で気付く為に

下記の画像は、ドル円1時間足チャートです。
右肩下がりのダブルトップが形成され、綺麗にネックラインがレジスタンスとして機能して下落に転じています。

ダブルトップが出現したドル円1時間足チャート

この1時間足のダブルトップを5分足で見てみると、面白いことが分かります。
相場はフラクタルなので、1時間足のダブルトップを分解すると5分足でもダブルトップが見つかりました。

1時間足のダブルトップを5分足に落とし込んだドル円チャート

ただし5分足のダブルトップの時点で、1時間足でもダブルトップを作るのは予想できません。

・5分足のダブルトップでしっかり利益を出す
・その後で1時間足でダブルトップを見つけて、またしっかり利益を出す

現実的に考えて、デイトレならこのような感じになりますね。

5分足で生成されたダブルトップ部分を拡大したのが、下記の画像です。
ダブルトップの値動きを解説したドル円5分足チャート

5分足で見ると、値動きに数々のドラマが見えます。

上記チャート左側の青い破線の枠をご覧下さい。

天井圏に近づくほど、高値を更新してきた買いの力が弱まっています。

それまで上ヒゲを順調に実体で更新していたのが、黄色ラインを引いた辺りから上昇圧力が怪しくなっています。

高値更新にチャレンジするものの、同じラインで跳ね返されてあえなく失敗。
この時点で「天井圏ではないか?」と疑いを持てば、ダブルトップ、トリプルトップ、三尊などを作る可能性にいち早く気付けます。

ロットを抑えて早めにエントリーして、ネックラインで反発後に追撃売り、という方法も使えます。

・高値を更新する買いの力が弱まってきた
・ローソク足が短くなってきた=買う人が少ない

このような天井圏を示唆する兆候が見られたら、ダブルトップや三尊になる可能性を考える。
これができれば早めにエントリープランを立てられるので有利に戦えます。

ダブルトップが形成される理由を大衆心理で分析

ダブルトップなどトレンド転換を示唆する兆候に気付くためには、大衆心理を理解しておく必要があります。

今回のダブルトップが形成された理由を大衆心理から分析したのが以下の画像です。
ダブルトップが形成される理由を大衆心理で解説

上記のような思惑が働いて、ダブルトップやダブルボトムが形成されます。

1番の強力な売り圧力をイメージするのは簡単なので、誰にでも出来ると思います。
重要なのは、2番の売り圧力が強力なほど、3番4番の売りが湧いて来るという点です。

1番2番の売り勢力は個人投資家ではなく間違いなく大口ですが、彼らの目的は多くの人がダブルトップと認識できるチャートを作ること。
そこまで資金を投下してお膳立てすれば、後はネックラインで売ってくれる人が勝手に出てくるので、自動的に利益が伸びるという仕組みです。

特に初心者の人でも認識できるような綺麗なダブルトップが形成されれば、教科書通りにネックラインで売りが大量に入ります。

このような理由で、綺麗なダブルトップ(ダブルボトム)が形成されると値動きが読みやすくなるのでチャンスです。

以上のように大衆心理で考えれば、ダブルトップになる理由が説明できます。

騙しが入る場合も当然ありますが、勝率5割でも十分に利益を残すことができます。
その具体的な方法論は、以下のFXフレンズチャンネルで解説しているので参考にして下さい。

ブログランキングに参加しています

この記事が参考になったならクリックをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お名前.com

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。