FX教材

高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版の検証とレビュー

高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版の検証とレビュー

FXフレンズの森田です。

今回は「高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版」について書いていきます。

自分は半年程前から、ハーモニックパターン検知ツールの中でも一番信頼できる「高精度ハーモニック検知ツール・クラシック版」を使っていました。
(ちなみに、FXフレンズの参謀である児島さんに教えてもらいました。)

あまりにも精度が高いので、今回上位版である「高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版」を購入しました。

使ってみて、これはやばい!っと思ったので、すぐにこの記事を書いています。(笑)

それでは、実際に使ってみて感じた、クラシック版との違いや、おすすめポイントなどを書いていきます。

ちなみにハーモニックパターンの基本や、トレード方法については以下の記事で書いているので、参考にしてください。

高精度ハーモニック検知ツール・クラシック版との違い

プロフェッショナル版とクラシック版の違いは以下になります。

・ハーモニック検知パターン数が7種類から17種類に増える

・メールアラートを受け取ることができる

・MT5でも動作する

・画面色と描画パターンの色を指定できる

この中で自分がプロフェッショナル版を使いたいと思った一番の違いは、検知パターンの増加です。

もちろん、トレードする時間や環境によっては、メールアラートも嬉しいですし、使っているチャートによっては色を変えれるのも嬉しいですが。

 

自分の場合は、普段使っている時間足のメインが15分足で、ハーモニック検知ツールが1時間足以上で描画した時にトレードするというルールでクラシック版を使っていました。

なので高精度ハーモニック検知ツール・クラシック版の唯一の不満が、勝率は高いけど機会が少ないことでした。

実際にプロフェッショナル版を使うと、当たり前ですが、トレード機会が増えました。

高精度ハーモニック検知ツール・クラシック版との違い

EURUSDの1時間足のチャート画像ですが、このように、クラシック版では描画されず、プロフェッショナル版で描画されることが多々あります。

高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版の検証

プロフェッショナル版を使う時に気になっていた部分は、ハーモニック検知パターン数が増えて、逆に勝率が下がってしまうのではないかということでした。

ただ、今のところ、クラシック版と同様の手法で勝率は変わっていません。(まだ全てのハーモニックパターンは検証できていませんが。)

高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版のチャート

ちなみに上の図はクラシック版だけにある、ネンスターパターンですが、綺麗に跳ね返っています。

今後も新しいパターンが描画された時は追記していきます。

ハーモニックパターン検知インジケーターを探していて、できるだけ勝率の高いトレードの回数を増やしたい人には、高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版がおすすめです。

高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版の詳細や購入はこちら

また高精度ハーモニック検知ツールを使ったトレード手法についてはこちらの記事で書いてあります。

あまりにも強烈なトレード手法なので、恐らく期間限定での公開になります。

 

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。