FXプライム by GMO

プライムチャートの使い方

プライムチャートの使い方

プライムチャートの使い方について触れていきたいと思います。

プライムチャートとはFXプライムでのみ利用できるPCで使えるツールの一つです!
PCでトレードする際には必ず必要となるツールなので使い方はしっかりと覚えておきたいものです。

まずデフォルトの画面はこちら。
デフォルト設定

チャートが2画面とレート一覧の3分割になっていますけど、このままでは使い物になりませんね。
ご自身で使いやすい形にカスタマイズをオススメします。

清水がまず行ったことは背景色を変えてみました!
白背景より黒背景が好きなので少しイジってみます。

 

まずは「全体設定」から「色」のタブを選択します。
黒背景の仕方

 

そして青枠箇所を下記のように変更します。
色の変更

背景色はもちろん黒。

陽線は青。
陰線は赤。

「塗りつぶし色と枠線色は同じとする」はチェック入れておきましょう。

 

するとこんな感じになります。
カスタマイズ後

なおレート一覧に関しては全体設定で背景を黒にしても白のままですね…
できればすべてを黒背景にしたかったですw

ここでプライムチャートの基本項目の説明をしていきます。
プライムチャート基本項目

1 レート一覧 各通貨の価格が表示されます。
2 チャート追加 通貨ペアのチャートを表示できます。
3 シグナル登録 移動平均線など自分で設定した箇所で矢印サインを表示してくれます。
こちらはまた別記事で触れてみたいと思います。
4 レイアウト 表示の仕方を変更できます。
5 全体設定 先程ふれたように背景色など色の変更ができます。
6 ハイスピード注文画面 PCでの注文画面が表示されます。

そして売買をする際のハイスピード注文画面はこちらになります。
ハイスピード注文

赤枠が売買を開始する箇所です。
買いと売りを間違えないようにトレードしましょう!

またその際に取引数量もしっかりと確認しておかないといけませんので、焦らずにトレードを意識していきましょう。

トレードで利確をする際に青枠は全決済ボタンです。
トレードすべてを決済してしまうので、気をつけましょう。

そして緑枠は設定項目になります。
設定項目

青枠はハイスピード注文をクリックした時に最初に表示される通貨ペアの選択箇所になります。
緑枠は取引数量を設定できるのでこちらで設定しておきます。
赤枠は逆指値についても設定ができます
デフォルトでは非表示になっていますが、自分のルールで例えばマイナス30pipsの時はロスカットと考えているのであれば、決済逆指値をONにして、逆指値幅を30pipsにすればいいんです。

早速プライムチャートを使ってみようかなと思った人は、まずFXプライムでの口座開設をしましょう。
>>FXプライムの口座開設はこちら

下記では実際にFXプライムの口座開設した時の詳細が記事になっています。
よければ参考にしてみてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。