FX教材

高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版のトレード手法

高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版のトレード手法

FXフレンズの森田です。

今回は、高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版を使ったトレード手法を紹介します。

高精度ハーモニック検知ツールは、ハーモニックパターン検知インジケーターの中でも圧倒的に精度が高いです。

自分もいろいろなものを試しましたが、他と比べて全然違います。

ただどんなに良いツールを持っていても、使い方を間違えると全然意味はないですよね。

今回、高精度ハーモニック検知ツールを実際にどのように使っているのか書いていくので、まだ上手く使えてない人や、購入を考えている人の参考になればと思います。

高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版の基本的なことはこちらに書いてあります。

また、高精度ハーモニック検知ツールを使ったトレード手法で、こちらの手法はマストなのでチェックしてみてください。

高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版の使い方

自分の場合は以下のような使い方をしています。

・環境認識の補助

・利確の目安

では、一つずつ解説していきます。

まずは環境認識の補助での使い方ですが、週足、日足、4時間足でハーモニックパターンが描かれた時に、基本的にその方向に合わせてエントリーをします。

具体的なチャートで見てみると、

高精度ハーモニック検知ツールのチャート

EURUSDの4時間足です。

ハーモニックパターンが検知されたので、目線を売り目線にします。(週足や日足では検知されていない状態です。)

自分の場合は15分足をメインにしているので、この状態で15分足を見て、エントリールールを満たしたらエントリーします。

ポイントこの場合、いつものトレード手法に高精度ハーモニック検知ツールの環境認識がプラスされるので、lotを少しあげることが多いです。

この時の15分足で簡単に説明します。

高精度ハーモニック検知ツールの環境認識

EURUSDの15分足です。

この場面では、1の水平線をロウソク足の実体で割ったらエントリーをしようと考えていました。

高精度ハーモニック検知ツールで検知されていなくても、エントリーしたと思いますが、より自信をもってトレードできたと思います。

実際は下記のようになりエントリーは見送りましたが笑

チャート説明

 

次に利確の目安についてです。

普段は水平線や、ピボットを利確の目安にする場合が多いんですが、高精度ハーモニック検知ツールで検知されると、利確のラインを下げたり、利確したりします。

高精度ハーモニック検知ツールのチャート

EURUSDの4時間足です。

この場面でロングのポジションがあった場合、水平線や直近高値でみると、1のラインが利確の目安の一つとなると思います。

ただこの時、高精度ハーモニック検知ツールが表示されたので、1まで行かない可能性があると判断します。

具体的にはTPを下げたり、利確したり、SLをあげたりします。

 

高精度ハーモニック検知ツールは手間を省いてくれます。

ハーモニックパターンを学びはじめたときに、

今までなんでここでトレンドが転換した?と謎だった部分で、実はハーモニックパターンが原因の一つだったということがわかりました。

 

それ以降、高精度ハーモニック検知ツールを使うまでは、自分でフィボナッチを引いたりしてハーモニックパターンを探していました。

ただ、今は自分の気づかないハーモニックパターンまで、高精度ハーモニック検知ツールが勝手に検知してくれるので、自分で探すことはほぼないです。

逆にいうとそれ以外のエントリールールに集中できています。

自分はインジケーターやサインツールは、裁量の補助をしてくれるものだと考えています。

もしハーモニックパターンを自分で探すのが大変だったり、自分の利確ラインまでいかずトレンドが転換してしまうことが多い人は、一度「高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版」を使ってみることをおすすめします。

高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版の詳細や購入はこちら

最近は特に優秀なインジケーターやサインがどんどん増えていますね。

以下にこれらをトレードの補助としてうまく使えるかが、今後重要になると思います。

FXフレンズはブログランキングに参加しております

ランキング1位を目指してライバルと戦ってます!

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お名前.com

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。