テクニカル分析

123の法則とトレード方法

FXフレンズの森田です。

今回は123の法則と、実際に123の法則を使ったトレード方法についてご紹介します。

123の法則はチャートパターンの一つで、わかりやすく、しかもいくつかの条件を満たさないと発生しないので、勝率も高いです。

では、具体的に123の法則のチャートパターンを書いていきます。

123の法則の基本形

まずは123の法則の基本形についてです。

123の法則の基本形1、1の部分でトレンドラインを割り込んできている。

2、2でつけた高値が直近の高値を超えていない

3、3で直近の安値を割っている。

この条件が揃った時にショート(売り)でエントリーします。

ロングの場合は逆の形になります。

図のようになります。

実際のチャートだとこんな感じです。

また、この123の法則と合わせて、ハーモニックパターンやダブルボトム(ダブルトップ)、ヘッドアンドショルダーなどのチャートパターンがでているとさらに自信をもってエントリーできます。

ハーモニックパターンについてはこちらの記事で詳しく書いています。


 

123の法則の応用

次に123の法則の応用について書いていきます。

応用といっても1,2,3の順番が変わるだけなので、そんなに難しくはありません。

■123の法則の応用1

123の法則の応用11、2でつけた高値が直近の高値を超えていない。

2、3で直近の安値を割っている。

3、1の部分でトレンドラインを割り込んできている。

つまり2,3,1の順番で123の法則のチャートパターンが完成しています。

実際のチャートでみてみると、

こんな感じです。この時は2が先にでて、1と3はほぼ同時ですね。

 

■123の法則の応用2

123の法則の応用21、2でつけた高値が直近の高値を超えていない。

2、1の部分でトレンドラインを割り込んできている。

3、3で直近の安値を割っている。

つまり2,1,3の順番で123の法則のチャートパターンが完成しています。

以上のように、123の法則は水平線とトレンドラインを使ったチャートパターンになります。

エントリーポイントもわかりやすいので、自分のFX手法にもとりいれやすいですね。

ただし、実際のトレードで使うときに、一つ注意した方がよいポイントがあります。

注意点1と3はロウソク足のひげではなく、実体でしっかり超えているかどうかを見ることです。

例えば先ほどのチャートだと、

4の陰線でしっかりとトレンドラインと、直近安値を下に抜けています。

このポイントを意識するとしないでは大きく違うので、ぜひ意識してくださいね。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆15分足専用サイン「F15-easy」◆
億トレ監修・たった2年で数億稼いだ手法をロジック化し、分かりやすい移動平均線を用いて超安全パイで高勝率!1日10~20pipsを安定的に獲得します。
サインがでても慌てることなく冷静に判断できるのでサラリーマンの方にもご利用になれるサインツールです。
こちらもサインをメール送信できる機能を搭載。

>> サインツール「F15-easy」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-hybrid」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。