セントラル短資FX

クイックチャート・トレードプラスがインストールできない場合の対処法

クイックチャート・トレードプラスがインストールできない時の対処法

セントラル短資FXのインストール型ソフト「クイックチャート・トレードプラス」がインストールできない事態に遭遇しました。

今まで複数のFX業者のソフトをインストールしてきましたが、今回のエラーは初めての経験です。

ファイルを右クリックして「ブロックの解除」をしてみたり、「証明書のインストール」をしてみたり、試行錯誤しましたが改善せず。

最終的にレジストリの若干の修正で無事にインストールできましたが、同様のトラブルで困っている方のために、画像付きで分かりやすく対処法を解説します。

参考までに私のパソコン環境です。
OSはWindows7 Professionalなので、ソフトが対応していない程の古いOSではありません。
インストールできない問題が生じたパソコンのスペック

 

「クイックチャート・トレードプラス」をインストールしようとすると、下記のようなセキュリティ警告画面が出てきて、インストールができませんでした。

コンピューターにセキュリティ上の問題を発生させるため、管理者がこのアプリケーションをブロックしました。

アプリケーションのインストール時に出たセキュリティ警告画面

クリックできるのは、公開元のURLと閉じるボタンのみ。

セントラル短資FXの公式ページからインストールファイルをダウンロードしているので、怪しいファイルではありません。

色んな対処法を試してみましたが、結論から言えばレジストリーエディターを編集すればOKでした。

インストールエラーの対処法

インストールできない場合の対処法を、私のWindows7を例に解説します。
(※Windows10の場合でも画面構成が違うだけで、作業内容は同じです)

まずはデスクトップの左下にあるWindowsマークをクリック。
検索ボックスに「regedit」と入力し、検索結果に出てきた「regedit(レジストリーエディター)」を開きます。
レジストリーエディターの開き方

Windowsキー+Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」を開いてregeditと入力。という手順でもレジストリーエディターを開けます。

 

レジストリーエディターを開いたら、HKEY_LOCAL_MACHINE → SOFTWARE → Microsoft → .NETFramework → Security → TrustManager → PromptingLevelの順にフォルダを展開します。
画面右側に表示されたInternetを右クリックし、修正を選択します。
レジストリーエディターの編集画面

 

表示された値のデータを「Disabled」から「Enabled」に変更してOKを押します。
レジストリーエディターで編集する箇所

 

これで正常にインストールボタンが表示されました。
クイックチャート・トレードプラスのインストール画面

レジストリはWindowsを動かしているシステムの設定を保存している場所なので、間違ってレジストリを修正してしまうと最悪の場合Windowsが起動しなくなるリスクがあります。

とは言え、余程の場合でなければトラブルが起きる可能性は低いですし、今回のような軽微な修正であればシステムに影響を及ぼすリスクも低いので心配しなくても大丈夫です。

 

FXフレンズでは、口座開設された方へ「テクニカル分析ハンドブック」を限定プレゼントしています。

100ページを超えるボリュームで30種類以上のテクニカル分析を解説していますので、FX初心者の方には特にお薦めです。

口座開設された方への限定プレゼント「テクニカル分析ハンドブック」

→5分でセントラル短資FXの口座をする

お得な特典を見逃さないで下さいね。

尚、口座開設に不慣れで不安がある方は、以下の解説記事を参考にして下さい。

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。