国内証券

岡三オンラインFX高金利を狙うならどの通貨?

岡三オンラインFXで高金利通貨を狙うなら

岡三オンラインFXのメリットは、やっぱり高金利の通貨を取引できることですよね(*^^*)

日本は、金利がないくらい低いのに、金利が最も高いトルコなんて24%です!!他にもメキシコ、南アフリカも日本と比べたらメチャメチャ高くてとっても魅力的!今の狙い通貨を考えてみたいと思います

岡三オンラインFXで取引出る高金利通貨は?

岡三オンラインFXで取引出る高金利通貨は(2019年7月19日現在)

1位:トルコ24%

2位:メキシコ8.25%

3位:南アフリカ6.5%

4位:ニュージランド1.5%

5位:オーストラリア1%

上位3位は金利が特に高いですよね!ここでは、この上位3つについて考えてみたいと思います

>>口座開設ページへ

上位3つのチャートを見てみる

金利は高いけど、通貨の価値が大きく下がってしまえば、やっぱり金利で利益が出るより損のほうが大きくなってしまうので、どの通貨を狙うべきなのか上位3位で考えてみます

まずはじめに、トルコリラ/円のチャートをチェックしたいと思います

トルコリラ円は右肩下がり

14年分のチャートですが、基本右肩下がりですね。。これだと、金利が高くても元本割れして利益が出づらいかも。。

 

メキシコペソ/円を見てみます

メキシコペソの月足

ここ14年間の底値が青い線になっています。これ以上下がらないとは言えませんが、ここ数年はレンジになっていて、この青いライン近くで買って、上がったら利確するっていうのもいいのかなって思います

 

日足もみてみます

ペソの日足

やはりいい感じで周期的に動いている感じですね

 

南アフリカランド/円のチャートを見てみます

南アフリカランド/円の月足

14年間だと右肩下がりですが、ここ3年くらいはレンジで動いている感じです

日足のチャートも見てみます

南アフリカランド円の日足

底値は青いラインのところですね。気になる点と言えば上値が切り下がってきていること。でも、下の青いラインを考えながらトレードするのはありなのかなって思います

上位3つの実際のスワップポイントを計算してみる

上位3つの実際のスワップポイントを計算してみましょう

先月6月の数値で1ヶ月分を計算してみると、

トルコリラ/円1枚(1万通貨)の場合は2754円

1年なら41854円

メキシコペソ/円(1枚10万通貨)の場合は3534円

1年なら43993円

南アフリカランド/円(1枚10万通貨)の場合は4052円

1年なら、51537円

なかなかいい感じですよね(^^)

 

ここ数年分をまとめてみます

トルコリラ/円 メキシコペソ/円 南アフリカランド/円
1枚取引想定元本 1年の合計 1枚取引想定元本 1年の合計 1枚取引想定元本 1年の合計
2017年 297000円 33389円 572500円 8159円 914000円 55710円
2018年 206300円 38176円 557000円 42665円 761000円 56971円
2019年 186200円 20796円(6ヶ月) 562000円 22249円(6ヶ月) 765500円
25025円(6ヶ月)

これを見て分かることは、トルコリラと南アフリカランドは、3年持っていたら元本が減っている可能性が高いということになります。2019年が終わる頃には、とんとんになっているかもしれませんが。。

1年で付くスワップを計算してみると、ずっと持ち続けていい感じに資産が増えているのがメキシコペソ/円になりますね

ペソの2017年半ばから取引ができるようになったのでスワップポイントが少ないですが、それ以降も元金もあまり変わらずいい感じで資金が増えちゃてますね!

岡三オンラインFXで取引出る高金利通貨まとめ

岡三オンラインFXで取引できる高金利通貨としては、どれも運用をしたいのですが、

直近の3年というスパンで見た場合には、メキシコのペソ/円が最も成績がいいのかなって思います

チャートで入るタイミングを測って(チャートに引いた青い線の近く)買いで入って、ある程度まで来たら利確する

こういう流れがいいのかなってい思います

>>口座開設ページへ

もちろんこれは予想でありますので、青い線を割って大きく下げそうなら損切りをして資金を守って下さいね

FXフレンズはブログランキングに参加しております

ランキング1位を目指してライバルと戦ってます!

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お名前.com

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。