SBIFX

SBI証券とSBIFX

SBIFXトレードとSBI証券のFXトレードの違い

SBIFXトレードとSBI証券のFXトレード、頭の中で一緒の会社になっていませんか?

伊能が実際に勘違いした話です。

SBIFXトレードにログインしようとしたので入れません。大文字と小文字間違えているのでは?、入力ミスでは?と何度も確認しました。

結局、最後はSBIFXのフリーコールに電話しました。オペレーターの女性は「またか」という感じでやさしく「SBIFXとSBI証券のFXは別です」とキッパリお話していただきました。

SBIFXトレードとSBI証券のFXトレードの違い

SBIFXトレードとSBI証券のFXトレードの違いについて説明します。

実は楽天証券FXと楽天銀行FXも同じように違います。
イメージとしてはグループが同じでFXの窓口が同じように2カ所ある意味では楽天グループも同じです。こちらの記事もSBIグループと事情は似ているので、参考にしてください。

SBIFXトレードとSBI証券は同じSBIホールディングスのグループ会社です。
別会社である以上、トレードする場合口座開設は別途必要になります。

SBIFXトレードとSBI証券のFXトレードどちらで口座開設をすればいいのか

FXのみに重点を置くなら、SBIFXトレードがおすすめです。

SBIFXトレードのおすすめ理由少額投資からFXを始めることができる
1万通貨以下なら業界最狭のスプレッド

他にも、FX関連で言えば、オプションFXやAIチャットを使えるのはSBIFXトレードのみです。

逆にFXトレードだけでなく、将来的に株式投資などトータルで投資活動を行うなら、SBI証券になります。

SBIFXトレードは1単位からの取引

SBIFXトレードは1単位から取引できるんです。

FXで最初から失敗は避けたいと誰もが思っていることです。
でも、最初からうまくいく人はほとんどいません。
では、デモ口座から始めれば・・・とお思いでしょうが、これが難しい。

無料口座では真剣になれないんです。
1単位でいいから有料でトレードすることによってFXの怖さや痛みを感じてきます。
それができるのが、SBIFXです

SBI証券のFXにもミニ取引ができるFXもありますが、7通貨のみになります

SBIFXトレードとSBI証券のスプレッドの違い

スワップポイントとスプレッドも違いがみられます。
主要通貨で比較してみましょう。

SBIFX(1000通貨まで) SBIFX(1001から100万通貨まで) SBI証券
USDJPY 0.2 0.27 0.5
EURJPY 0.3 0.49 1.4
EUDUSD 0.3 0.38 *0.00008米ドル
GBPJPY 0.7 0.99 2.2
AUDJPY 0.4 0.69 1.4

 

 

 

*SBI証券、EUDUSD以外はすべて銭

SBIFXトレードスプレッドはトレードが2019年7月から従来よりさらに狭くしました。

明らかにSBIFXの方がスプレッドが狭いですね。

SBIFXトレードとSBI証券の違いまとめ

SBIグループ全体としては、間口を広くすればユーザーを取り込めるのでしょうが、ユーザーから見れば、2社でFXトレードするメリットはほとんどありません。

FXするならSBIFXトレードです。

今回はSBIグループ2社の比較ですが、SBI以外にも、FXの口座開設で比較されたい方は、こちらの記事が非常に参考になります。


各種キャンペーン・自動売買・マーケット情報などでFX会社を比較した記事が掲載しているので、口座選びの参考にして下さい。 

現在、口座開設をされた方へFXフレンズ限定「テクニカル分析ハンドブック」をプレゼントしています。(詳細は下記バナーをクリックしてご覧下さい)
口座開設された方への限定プレゼント「テクニカル分析ハンドブック」

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。