ヒロセ通商

ヒロセ通商の新LION Webの特徴とオススメ度

ヒロセ通商の新LION Webの特徴とオススメ度

ヒロセ通商のブラウザ版ツール「LION Web」が7月8日にリリースされました。

またややこしい名前を付けたなぁ…^^;と言うのが本音ですw

しかし機能をチェックしながら使ってみると、個人的にはブラウザ版ツールの中でイチオシと感じました。

LION Webの特徴

・Twitterが表示されるのでニュースがいち早くチェックできる
・テクニカル分析は全ツールの中で最も優秀(LIONチャートPlusと同等)

公式サイトで案内している各ツールの比較表は下記のとおりです。
中心に配置する辺りが、LION Webの本気度とオススメ度を伺わせます。

ヒロセ通商のパソコンツール一覧

ヒロセ通商はツールの機能改善を常に行っているので、現状でLION Webに足りない機能は今後追加されることが十分に考えられます。

それではLION Webの特徴について解説していきます。

 

LION Webの特徴

LION Webは、最新のブラウザ版なので高機能なのに動作が軽いのも特徴です。

下記がLION Webを表示させた画面です。
LION Webのデフォルト表示画面

機能的な特徴として大きなポイントは、twitterが組み込まれている点
だと感じます。

現状で表示されるアカウントは、日経CNBC、ウォール・ストリート・ジャーナル、ロイター、ブルームバーグ、小林芳彦さんです。
小林芳彦さんはヒロセ通商内の「マーケットナビ」で本日の参入レベルなど売買情報を発信しているので、その情報と併せてチェックすると非常に参考になります。

今後、任意に表示させるtwitterアカウントを追加したり削除したりできる機能が加わると、更に便利になるかと思います。(そういったユーザーの声が多ければ、追加してくれるかな~なんて思ったりw)

→LION Webの便利機能を使ってみたい方はコチラへ

 

また、LION Webの親切な特徴として、ディスプレイの大きさや取引スタイルに合わせてレイアウトを5種類から選べる機能もあります。
LION Webのレイアウト選択画面

最近の取引ツールの多くは、自分の好きなようにカスタマイズできますが、それが逆に面倒という人が結構いるのも事実です。

ヒロセ通商のインストール型ツール「C2」のように18種類のテンプレートを選べる!とまではいきませんが、ある程度の選択肢の中から選べるのは非常に親切で評価できます。

 

他にはヒロセ通商内での指値・逆指値注文状況が表示できる機能(3分間隔で更新)があります。
LION Webに指値・逆指値注文を表示させた画面

買いと売りのどちらの注文が多いのか、指値・逆指値が多い価格はどこか、といった事が分かればエントリーや利食いの目安となります。

ブラウザ版LIONチャートPlusにも同様の機能がありますが、他人の注文状況が見えるのは優位性のあるトレード戦略を練る上で欠かせません。

個人的には、こうした「他の投資家の注文状況が見えるツールの有無」で取引ツールを選ぶ時代になったかな?と感じています。

それほどトレードプランを立てるのに重宝するお勧め機能です。

 

LION Webのテクニカル分析は、ブラウザ版で最も高機能なLIONチャートPlusと同等です。

LION Webで使えるテクニカル分析

ただし注文方式に関しては、LIONチャートPlusのようにヒロセ通商独自の「BID判定買(ASK判定売)逆指値注文」が使えないという差があります。

BID判定買(ASK判定売)逆指値注文の詳細については、下記の記事の解説を参考にして下さい。

そのため、ブラウザ版でBID判定買(ASK判定売)逆指値注文を使いたい場合には、現状ではLIONチャートPlusの一択となります。

 

LION Webのオススメ度

LION Webは、ブラウザ版LIONチャートPlusと同等の高機能ツールです。

動作も軽く、説明書を読まなくても操作が直感的に分かるので、オススメ度としては満点です。

機能的には甲乙つけがたいので、後は画面の見やすさ・LION Web独自のtwitterの有無・BID判定買(ASK判定売)逆指値注文の有無で選べばOKです。

・画面の見やすさ=個人差あり
・twitter表示機能=LION Webのみ
・BID判定買(ASK判定売)逆指値注文=LIONチャートPlusのみ

下記がLION Webの画面表示の一例。
LION Webの画面表示例

下記がLIONチャートPlusの画面表示の一例。
LIONチャートPlusの画面表示例

どっちがいいか迷っちゃう…という方は、2つとも使いましょう。

動作が軽いブラウザ版ツールなので2つを同時に立ち上げても、パソコンの処理が遅くなるという事態にはならないと思います。(もちろんお使いのパソコン環境にはよりますが)

最近はトランプ大統領のtwitterで急変することもあるので、メインはLION Webを。
急変時のスプレッド拡大に備え、LIONチャートPlusのBID判定買(ASK判定売)逆指値注文を。

こんな贅沢な使い方もできちゃうのが、ブラウザ版ツールのメリットでもあります。

様々な取引ツールを揃えているヒロセ通商だからこその使い方とも言えますね。

→ヒロセ通商の高機能ブラウザ版ツールを使いたい方はコチラへ

 

現在、口座開設をされた方へFXフレンズ限定「テクニカル分析ハンドブック」をプレゼントしています。(詳細は下記バナーをクリックしてご覧下さい)
口座開設された方への限定プレゼント「テクニカル分析ハンドブック」

また、FXフレンズでは各種キャンペーン・自動売買・マーケット情報などでFX会社を比較した記事も掲載しているので、口座選びの参考にして下さい。

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。