麻里のトレード日誌

ボリンジャーバンドを設定してエントリーするタイミングを図る

ボリンジャーバンドを設定してエントリーするタイミングを図る

移動平均線に続き、FXの基本であるボリンジャーバンドを自分で設定しよう!ということで麻里もボリンジャーバンドを自分で設定してみました。

ボリンジャーバンドを追加するとどうなるの?
期間の設定はどうしたらいいの?

など、FX初心者はこんなことが疑問。
私もボリバンって何よ?必要なの?なんて思っていました。
でも、ボリンジャーバンドを追加したらエントリーするタイミングを図れるようになって負けが格段に減ったんです!
久しぶりに目標金額500円を数回のトレードで達成できました〜。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドって何んだろう?というのが実は私もわからなくて調べてみました。
今までFXの基本記事を読み漁っていたらボリンジャーバンドのことが書かれている記事が多かったのですが今までスルーしてきたんですよね。
ボリンジャーバンドとは?
ボリンジャーバンドってなんだろう?チンプンカンプンすぎてこんな感じ。
でも、重い腰を上げてボリンジャーバンドを設定してみました。

ボリンジャーバンドとはジョン・ボリンジャー氏が考案したテクニカル指標で、チャートのインジケーターでは移動平均線(ミドルバンド)とバンド(帯)が描かれます。

ということなのですが、これはフレンズメンバーである森田の記事にあるものです。
ボリンジャーバンドのことについてとてもわかりやすく書いてありますので読んでみてね。

ボリンジャーバンドの設定方法も森田の記事に書いてあったのでそれを見ながら私は±2σで設定しました。

ボリンジャーバンドを見ながら逆張りでエントリー

5分足相場を見ながらトレードしていることが多い私ですが、基本的にはボリンジャーバンドにぶつかった時にRCIを見ながら上昇か下降かを確認して逆張りでエントリーするという方法を試しています。

この時に気をつけなきゃいけないポイントがボリンジャーバンドの形なんだって。
逆張りでエントリーして利確できるパターンは「スクイーズ」の状態の時か、「エクスパンション」が終わった時。
ボリンジャーバンドのスクイーズ
この画像の青枠のところがスクイーズの状態。
この形がわからなくて逆張りでエントリーしようと思って、思いっきりトレンドがついて焦った時も多々あり(汗)

ボリバン逆張りで目標利益到達

ボリンジャーバンド逆張りでエントリーして、利確ポイントを移動平均線のEMA20か、ボリンジャーバンドミドルライン辺りに置くということを試してみたら一回のトレードで大きな利益は狙えないものの、負ける回数が格段に減りました。
8月1日の麻里のトレード
これは私の8月1日のトレード記録なんですが、16回のトレードで目標の1日500円という金額を達成しました。
16回のエントリーのうち、負けたのは3回
闇雲にエントリーしまくっていた私にしては快挙ですよ。
この16回というのは多分多いですよね。とにかくできることで目標を達成できるということが今は大切かな〜と思ったり。
8月はこの調子で頑張ってマイナスを打破したいな〜!!

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。