トレード手法

スパンモデルとMACDを使って再現性の高いスキャルピング

スパンモデルとMACDを使って再現性の高いスキャルピングを検証

FX攻略ドットコム7月号に掲載された専業トレーダーである衣笠勇太さんが提唱しているスパンモデルとMACDを使った手法を検証してみました!衣笠さんはスパンモデルを使って安定したトレード収益を日々残している専業トレーダーです。

この手法はエントリーから決済・ロスカットまでルールが明確で誰が行っても同じ結果を出せることからFX初心者の方でも実践しやすくオススメです。

使用するテクニカル指標スパンモデル(9、26、52)、MACD(12、26、9)
チャート時間足1分足、5分足、15分足
対象通貨ペアドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンドドル、ポンド円、ユーロポンド
ターゲット初心者~中級者向け

スパンモデルとMACDのチャート設定

スパンモデルのインジケーターはMT4で標準搭載されていないのですが、一目均衡表で代用することができます。MACDはMT4標準搭載なので心配いりません!

最初に一目均衡表をチャートにインストールします。

メニューバーにある「挿入」をクリックし、「インジケーター」→「トレンド」とマウスで選択し最後に「Ichimoku Kinkou Hyou」をクリックします↓
一目均衡表をインストール

 

一目均衡表のパラメーター設定(9、26、52)を確認し最後にOKをクリックします↓
一目均衡表のパラメーター設定

 

色の設定タブをクリックし、画像と同じ色に設定します↓
一目均衡表の色設定

 

次にMACDを同じチャートにインストールします。
MACDをインストール

 

メニューバーにある「挿入」をクリックし、「インジケーター」→「トレンド」とマウスで選択し最後に「MACD」をクリックします↓
MACDのパラメーター設定

 

下記画像のようなチャートになれば完成です↓
完成したチャート

では次に、スパンモデルとMACDを使った具体的なトレード手法を解説します。

 

スパンモデルとMACDのトレード手法

エントリールールは極めて単純かつ明確です!

ロング(買い)のエントリー条件スパンモデルの色が青&遅行線がローソク足よりも上で推移していることを5分足と15分足チャートで確認し、どちらか一方だけだとエントリーは見送りです。(*さらに1時間足も同じ条件だと精度があがりますので状況によってロットを通常以上に上げることも検討できます。)
どちらとも上の条件に当てはまるようであれば、次は1分足でMACDがゴールデンクロスしたタイミングでエントリーです。

5分足、15分足チャートが下記の状態であることを確認します↓
買いエントリー条件

 

MACDのゴールデンクロスが下記画像になります↓
MACDのゴールデンクロス

 

売りエントリーは先ほどの買いエントリーの逆です!

ショート(売り)のエントリー条件スパンモデルの色が赤&遅行線がローソク足よりも下で推移していることを5分足と15分足チャートで確認し、どちらか一方だけだとエントリーは見送りです。(*こちらも1時間足も同じ条件だと精度があがりますのでロット調整などを必要に応じて行うのもアリです!)
どちらとも上の条件に当てはまるようであれば、次は1分足でMACDがデッドクロスしたタイミングでエントリーです。

売りエントリー条件

 

MACDのデッドクロスが下記画像になります↓
MACDのデッドクロス

決済タイミング先ほどの1分足のMACDがロングの場合だとデッドクロスしたら決済、ショートの場合だとゴールデンクロスしたら決済です。利確も損切もこのタイミングで全て行います。

ただ、これだと損切幅が大きくなったり、せっかく乗った利益を逃したり悔しい思いをすることがあります。それを防ぐ方法として利確や損切幅を予め通貨ごとに決めておくといいです。現在のような夏枯れ相場の場合は利確幅と損切幅を小さくしたり、またポンド系の通貨の場合はその他通貨ペアの倍程度に設定しておくのも一つの方法です。

ある程度FXに慣れてくれば、時期により臨機応変に対応することで勝率も利益も大幅に異なってきますが、初心者の方はルール通りトレードすることをお勧めします!

気になるのはトレード回数ですが、一概にも言えませんが相場状況にもより6通貨ペア表示させると1時間に1~3回のチャンスが訪れると思ってください。

スパンモデル&MACD手法を検証&まとめ

上記で説明したエントリー&決済条件をEA化し、2018年のデータを元に検証した結果が下記になります↓
2018年ユーロドルのトレード結果

PF1.10と損失よりも利益が多く、この手法が有効なことが分かります。
(PF1.0が利益と損失がイコールとなるます。)
勝率は約55%と悪いですが、裁量を加えることで損失を回避し勝率も高めることができます。おそらく裁量だとPFに換算すると1.5~1.6くらいまで伸びるかと思います。

取引回数は1236回なのでユーロドルだけで1日に約5回程度です。通貨によって値動きがことなるのでボラティリティが大きいポンド系などではもっと取引回数が増えるかもしれません。

この手法の特徴としてはトレンドの中盤を狙う形なので、トレンドが発生しにくい相場だとロスカットが多くなる傾向にあります。ポイントとしてはトレンドとレンジを見極めることができれば、トレンド発生中だけこの手法でトレードすることで利益を伸ばせます!

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、4種類のサインツールをリリース致しました。

◆5分足専用サイン「F5-simple」◆

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。