トレード手法

スキャルピングやデイトレに向いているVertex Reversal

スキャルピングやデイトレに向いているVertex Reversal

5分足や15分足に向いているトレード手法にVertex Reversalがあります
ゾーンから価格が突き抜けた時にサインが出るインジケーターでスキャルピングやデイトレに向いている手法となります

まずはチャートを見て見ましょう
ポンド円5分足
ポンド円5分足

ポンド円15分足

ユーロドル5分足
ユーロドル5分足

ユーロドル15分足
ユーロドル15分足

画像のピップスは大まかな感じで記載しています
利確ポイントはスキャルピングの場合は明確ではない場合も多いです

Vertex Reversalのトレード手法

チャート見てわかる通りチャネルみたいなラインであるPrice Borderを突き抜けた所と、オシレーターのvertex_modがボリバンのような2本のラインを突き抜けた時にサインが出ます
チャネルのようなラインはリペイントしますが、過去チャートでもサインが残るので検証は出来ます

エントリーと損切り

利確と損切りですが、損切りは前の安値の下に置きます
短期方向性に対する逆張りのトレード手法になりますのでロスカットをシッカリと入れておきます
トレンドに対する手法であれば、トレンドでロスカットになりますが逆張りはハマるケースが多々ありますので注意が必要です

利確ですが固定ピップスで利確でも良いですがリスクリワードは低くなります
5分足は固定ピップスで利確の方が良い結果が出ます

逆に15分足になると利確は逆サインまで引っ張る方が利益率は高まります
ただし、必ずしも逆サインが出るとは限りませんので逆のバンドで半分決済しておくのも良いでしょう

長期のトレンドに対しての短期足での逆張り、いわゆる押し目買いや戻り売りでも良いと感じますがVertex Reversalの本来の特性が失われます
トレード回数は減りますが勝率は上がる傾向にあります

トレードで注意するのは、たまに出るPrice Borderを越えないでミドルラインで出るサインです
ここで騙されるケースがありますが、これは本サインとは別に考えた方が良いでしょう
正確にはどのような意味を持っているかわかりませんが予備サイン程度に考えておくと良いでしょう

下記の画像は現在エントリーしている画像です
チャネルに対して順張りで3ポジションエントリーしています

実際のエントリー画像

若干長めにポジションを持つつもりですが、2勝1敗であればプラス決済になります
書いてる最中にプラスに転じてきました

プラスに転じて来たチャート

最近多い、突発的な上げが無いように祈ってます(笑)

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。