FX初心者

FXで勝つために必要なのはメンタル?トレードスキル?

FXはメンタルの強さよりもトレードスキルが不可欠

FXをしていると「メンタル」についての話題が度々出てきます。

メンタルが弱いから、チキン利食いしちゃって…
メンタルが弱いから、損するのが怖くてロスカットできない…

FXあるあるネタですよね。

ネットで情報収集していても、メンタルについて何かしら書かれている事も多々あります。

しかしFXで勝つ為に必要なのは、強いメンタルではなく確かなトレードスキルです。

『メンタルが先か、トレードスキルが先か』

こう聞かれたら、間違いなく私は『トレードスキルが先』と答えます。

もし今のトレード結果にメンタルが悪影響を及ぼしていると考えているのであれば、トレードスキルが未熟という考え方もできます。

以下にその理由を解説します。

メンタルだけでは勝てない理由

強靭なメンタルを持ってても、トレードスキルが未熟だったら勝てません。

というか、スキルの無い初心者なのにメンタルが妙に強いと、大きく勝ってそれ以上に大きく負けて退場する確率がグッと上がります(笑)

実際にそうしたタイプの人を知ってます。

退場してしまっては実際の相場で経験を積むこともできなくなります。

逆に考えてみましょうか。

これまでの経験から、リスクリワード1:2で勝率70%・20pipsを取れる鉄板手法が身についたとしましょう。

その鉄板手法でエントリーした際に、いつも通りにTPを20pips、SLを10pipsに入れますよね。

そこで利益が3pips…5pipsと増えていった時にチキン利食いしますか?

・損失も10pipsと限定されています
・これまでの経験から勝率70%で20pipsの利益が取れる事を知っています
・やればやるほど儲かる手法であることも分かっています

こうした状況であれば、普通だったらチキン利食いなんてしませんよね。

自分なりにシナリオが組める状況であれば、無闇にチキン利食いなんてしないんです。

鉄板手法を1つ身につけたら、2つ目の鉄板手法の研究。

そうして手法の引き出しが増えていけば勝手に自信がついて、メンタル云々によるチキン利確なんてしなくなりますし、着実に勝ち組トレーダーに近づいていきます。

勝ち組トレーダーに必要なスキルについては、下記の記事も参考にして下さい。

利益と損失にメンタルが揺さぶられる理由

ロットを大きくし過ぎたことで、目の前の利益額・損失額の変化にメンタルが揺さぶられるケースもあります。

・証拠金1000万円の人の含み損5万円
・証拠金20万円の人の含み損5万円

同じ額の含み損でも、メンタルに与える影響の違いは歴然ですよね。

ハイレバで勝てば利益額は大きくなりますが、負ければ損失額も大きくなります。

・鉄板エントリーではいつもよりロットを上げる
・打診で入る時にはロットを下げて本来のエントリー位置で通常ロットで入る
・積み増し(ピラミッティング)場面ではロットを下げながら入る

ケースバイケースでこうしたロット調整ができないにも関わらず、適当にロットを大きくして勝負するのはリスキーです。

メンタルが耐えられずに余計な事をしちゃうのが落ちです(笑)

早く稼ぎたいからハイレバで勝負!というタイプを否定はしませんが、それによってメンタルが振り回されて、正しいスキルが身に付かないリスクもあります。

FXは複利の力で資産が大きくなるのは事実です。
しかしそこに至るまでに、手法を磨くトレードスキルの向上が必須です。

複利で資金が増える正しい姿

最初はコツコツ増やして、コツコツ負けての繰り返し
 ↓
その修行過程で鉄板手法を身につけ、トレードスキルを磨く
 ↓
資金の増加とともに少しずつロット数を上げていく
 ↓
今までと同じことをしているのに資金の増え方が早くなる

このように着実に一歩ずつステップアップしていくのが、メンタル云々関係なく結局は近道になると個人的には考えています。

適切なロット数で修行を積むには、下記の記事も参考にして下さい。

トレードが上達すれば、自分が1日に取れるpipsがある程度把握できるようになります。

そうなれば多少負けたとしても「◯日あれば取り返せるな」と冷静に対処できます。

そこでメンタルがやられる事もありません。

もし自分のトレード結果にメンタルが悪い影響を与えていると考えているなら、今一度トレードスキルを見直してみるのもオススメです。

鉄板手法を探すのであれば、コチラに色んな手法を掲載しているので参考にして下さい。

→トレード手法の記事一覧へ

相当な記事数があるので、あなたに合う手法が見つかるはずです。

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。