テクニカル分析

FXの利確でハーモニックパターンを使う方法

FXの利確でハーモニックパターンを使う方法

今回は、FXの利確でハーモニックパターンを使う方法について書いていきます。

ハーモニックパターンはどちらかというと、逆張りでのエントリーに使う人が多いです。

ただ目標の数字がはっきりしているので、順張りでエントリーしている時の利確にも使えます。

大きなレジスタンスやサポートでもなくピボットも関係していないのに、価格が反転する時は、ハーモニックが原因なんてことも多いです。

FXの利確でハーモニックパターンをどう使うか?

それでは、実際にどう使うかについて書いていきます。

基本的には、どのハーモニックパターンの時でも、Yの位置より少し手前で利確します。

自分がよく使うのは以下の3つです。

・バタフライ

・バット

・クラブ

言葉だけだと伝わりにくいので、図を使って説明していきます。

・バタフライの場合

バタフライでの利確

バタフライはYの位置が(127.2~161.8)と幅があるのですが、自分は127.2よりも手前で利確する場合が多いです。

特にCより少し上くらいでエントリーできた場合は、127.2でも十分リスクリワードもよくなるので。

ただ、その段階ではハーモニックパターンが形成される保証はまったくないので、他に強いエントリー理由が必要ですね。

 

・バットの場合

バットでの利確

バットの場合はYが決まっているので、利確の位置は設定しやすいです。

ただエントリーできた場所にもよりますが、勢いがない場合は、61.8や78.6で利確してしまいます。

 

・クラブの場合

クラブでの利確

最後にクラブの場合ですが、こちらも図のようにYの少し手前に利確位置をおきます。

この形では、例えばCより少し上でエントリーした場合でも、78.6や88.6など超えていかなければいけない壁がいくつかあります。

自分の場合は、Xを超えてエントリーした時に、最終的に粘って161.8という感じの時が多いですね。

 

以上がFXの利確でハーモニックパターンを使う方法になります。

ハーモニックパターンの種類や基本的なことは、下の記事に書いてあるので合わせて参考にしてください。

 

また、自分は今までハーモニックパターンを利確で使う場合は、フィボナッチを自分でひいてリスクリワードなど計算していました。

ただ最近児島さんの記事を見て知ったんですが、ハーモニックパターンを予測してくれる良いインジケーターがあるんですね。

これは便利そうなインジケーターです。

気になる方は、児島さんのハーモニックパターンを予測してくれるインジケーターの記事も読んでください。

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。