トレード手法

00-BbAngle_v100

00-BbAngle_v100でブレイクアウトを狙ってみよう

00-BbAngle_v100はボリンジャーバンドの勢いでバンドの色が変わるインジケーターです
ブレイクアウトに最適なインジケーターですのでご紹介いたします

00-BbAngle_v100は点線が勢いがない時、黄色が少し勢いが付いた状態、赤色が勢いが付いた状態です

00-BbAngle_v100の説明

00-BbAngle_v100の児島の設定は?

00-BbAngle_v100の設定ですが偏差を2に変更します
デフォルトでは1になっていますが、バンドウォークを意識して1シグマに乗って引っ張るにはデフォルトの方が良いですが、ここではブレイクアウトを狙いますので偏差は2にしています

00-BbAngle_v100のブレイクアウト設定

ボリンジャーバンドはダブルで使います
ダブルボリンジャー設定ですね
ここでは、BANDSを使います
BANDSを使う理由は、ミドルラインを表示したくない為です

設定は期間60の偏差2です
この部分は結構キモとなる部分ですが、標準的な数値にしています
相場状況や通貨ペアによって切り替えます

BANDS設定

色は下記のとおりです
BANDS色設定

この記事は、相場を見ながら実況のような感じで書いてます
少し、チャートを縮小していますが、黄色の線の高値と安値を抜けたらエントリーが基本です
ただし、最近の傾向からブレイクしてもトレンドが付くような流れではないので10~20ピップス程度の狙いになると思います

クリックすると大きな画像で見る事が出来ます

サポレジのチャート

トレードルールは簡単です

価格がサポレジを抜ける
その時に、先ほど設定した期間60の偏差2.0のバンドを00-BbAngle_v100偏差2が上抜けた時に赤色になっている事が条件です

サポレジ付近は、一旦抜けても戻ってきます
戻った後に再度抜ける時がチャンスです

5分足ですので、さほど大きな形を作らない事も多々あります
イメージは下記を参考にしてください

クリックすると大きな画像で見る事が出来ます

ブレイクアウトのイメージ

少し、レジスタンスラインを抜けてきました

レジスタンスラインを抜ける

上抜けしたくない売りでレジスタンスの下へ振らされます
押し方にもよりますが、次のレジスタンス抜けでエントリーします
一度抜けているので売りポジションも減っているはずです

クリックすると大きな画像で見る事が出来ます

一度レジスタンスから押し戻される

勢いを付けて抜けていきました
この時に注目してほしいのは、白い期間60偏差2のバンドを赤い線で00-BbAngle_v100が抜けている事です
この先は、先ほど述べた相場感から、さほど大きな伸びは期待できないかもしれませんが、レンジになったとしてもレンジ幅は一段切り上げています
勢いを付けて抜いたレジスタンスが、今度は逆にサポートになりますが、勢いを付けて抜いたので多少強いサポートになるはずです

クリックすると大きな画像で見る事が出来ます

ブレイクアウト成功

実況のように書かせていただきましたが、ダマシもそれなりにあるダブルボリバン手法ですが、サポレジと合わせる事でダマシを減らせます

また、このトレードはまだ利確をしないで多少引っ張っていきます
感覚的には、アイランドリバーサルが2本連続で起きた時
もう一つ上のレジスタンスライン
期間60偏差2のバンドを実体で割り込んだ時

この3つくらいで利確を考えています

00-BbAngle_v100は下記よりダウンロードしてください

追記、まだ結構伸びてますね
エントリー後のチャート

FXフレンズはブログランキングに参加しております

ランキング1位を目指してライバルと戦ってます!

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お名前.com

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。