MT4

出来高の表示の画像

MT4で出来高の表示する方法

今回は出来高の表示についてです。

MT4で出来高の表示の仕方から説明をしていきたいと思います。

まずチャート画面上で右クリックします。

MT4での出来高の表示の仕方

そこの中にある出来高を選択。

出来高の箇所

出来高のヒストグラム

また上記以外だとインジケーターにも出来高を表示させる事が出来ます。

MT4でナビゲータを開き、ボリュームからvolumesを選択します。

インジケーターでの出来高の表示方法

volumesを使って出来高の表示

インジケーターの方が視認性は若干良いくらいですかね。

出来高の意味合い

清水もそうでしたが、出来高と聞くと売買数の事だと思ってしまうのは普通だと思います。

しかしMT4上での出来高というのは意味合いが違います。

この出来高というのは足ごとのティックの動いた回数なんです!

動いた回数なので本来の1ロットの注文でも100ロットの注文という売買数だと大きな差なんですが、この出来高は動きなので1回であれば1回なのです。

株みたいな売買成立数ではないので正直意味あるのかなと思ってしまうほどです(笑)

確かにティックの動いた回数は市場の動きが活発になってきたと判断できることはできますがそれだけかなと…。

他にもボリューム系のインジケーターがあるので併せて別記事で紹介したいと思います。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、4種類のサインツールをリリース致しました。

◆5分足専用サイン「F5-simple」◆

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。