トレード日誌

ポンドドルに絞って1時間ほどのトレードで約40pips獲得

ポンドドルに絞って1時間ほどのトレードで約40pips獲得

久しぶりにトレード日誌を書いてみようかなと思います。
ここ最近はポンドドル1通貨をメインにトレードをするようにしています。
ドル円やユーロドルまで見てしまうとイマイチ混乱するのもイヤなので、1通貨に絞っていました。
でもポンドドルは苦手な通貨なんですけどねw

経済情勢だとイギリスは合意なき離脱の問題でかなり値動きが激しいです。

極力、経済指標のない安全な時間帯を狙いますがいきなりお偉いさんの発言一つですごい動くので極力ストップロスは置かないようにしますw
狩られて戻ってきたら辛いじゃないですかw
もちろんリスクあるので、これは人それぞれです。

また前回の記事で三平式RCIを使ったトレードを自分のトレードに組み入れてやるようになってから良い感じにハマっているなと実感できたので記録として残しておきたいと思いました。

実際にスマホ2台を駆使して1台目はMT4を使ってトレード、2台目はRCIを使ってチャートを見るのはYJFX!のスマホアプリ「Cymo」が断然キレイなので使ってました。

通貨はポンドドル
時間足は5分足でトレード。

ただ今回トレードした根拠というのは長期足のRCIの向きで判断して、5分足でタイミングという感じです。

まず5分足を軽くエントリーチャンスかなと思ったらすぐエントリーはせずに長期足の方をチェックです。

1時間足は中長期が数時間前から上に張り付いてる状態なので、あとは短期待ちのところ上がってきましたね。
ポンドドル1時間足

 

4時間足は短期が上に到達し、中長期が下から良い角度で上がってきています。
ポンドドル4時間足

 

そうなるとあとは5分足でエントリーチャンスを狙ってトレードのみです。
5分足も3本とも上に入ってきたので、すかさずエントリーしました。
ポンドドル5分足

そこから上昇はしばらく続いて、利確しては追撃エントリーしたりを繰り返して合計で約40pipsほど取れました。

最終的には5分足の短期線が下がってきてからはエントリーはやめて様子見に切替ました。

結果的にブレイクが終了して、レンジ相場になりました。
良い場面でのトレードだったかなと思います。

 

トレードはMT4を使っていたのでこんな感じです。
トレード結果

 

今回、RCIを使った手法のトレードでしたが使いやすさと見やすさ的にYJFX!のスマホアプリ「Cymo」を利用しています。
オシレーターのラインの色などもデフォルトで見やすくて使いやすいです!

ちなみにYJFX!の口座開設について実際に清水が記事で触れていますので良ければ参考してみてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。