トレード手法

三平式RCI手法を使っての1週間のトレード結果

三平式RCI手法を使って1週間のトレード結果

三平式RCI手法ですが、スマホでもトレードができるので積極的に使って日中でもトレードチャンスがあれば空き時間にコツコツと稼いでいます。

PCでは1画面で複数通貨を監視可能ですが、スマホの場合だと数回タップして切替をしたりして非常に手間です。
なので極力、スマホでトレードをする時は1通貨のみをずっと監視してトレードを心掛けています。

ちなみに先週はというとあまりトレードできなかったのですが14回トレードをして13勝1敗ですね。

トレード結果

2回ほど他通貨へ浮気をしていますが、ほぼポンドドルでのトレードをしていました。

勝率だと92%で1敗のトレードは-3072円となります。

グラフについても良い感じに右肩上がりをしてくれています。
勝率

本来であれば短期線が上がりきったところで利確すればいいもの、焦って利確して少額利益になってしまいます。
これはタラレバなのでなんとも言えませんが、できる限り状況をみて保持も意識していこうかなと思います。
もちろん勝つことが優先なので間違っているわけではありませんがw

いまメインで監視しているのはポンドドルです。

前までは大嫌いな通貨の一つでしたたが、合意なき離脱問題で長期的に下落傾向というトレンド判断が分かりやすく、逆に持っていかれてしまったとしても結局下げになっていくので売りのみでトレードをし続けていいました。

しかし、合意なき離脱問題が延期かつ総選挙についても否決されたりと、ジョンソン首相の目論見から外れてしまっとことからポンド絡みは上昇になっていきました。
ちょうどポンドドルの日足でみてみると英会議が開催後、今まで右肩下がりだったのが急激に右肩上がりになってしまっています。

ポンド上昇要因

通貨を絞る事でポンドドルの癖が痛いほどわかりましたw
いきなりボラがきて、サクッと20~30pips当たり前のように上昇もしくは下降していきますからねw

ポンド系でのロット数は慎重に設定しないとえらいことになりますw

なので、三平式RCI手法でポンド系をトレードする際はいきなり大きなボラが発生してロスカット狩りも多発するので大きめに設定もしくはエントリーの際は監視しながらトレードをするといいかと思います。

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。