FX初心者

インターバンク市場の基礎知識を解説

インターバンク市場とは?FXとの関係性をわかりやすく解説

FXの仕組みを勉強し始めると、必ずと言っていいほど出てくる単語がインターバンク市場です。

何となく『大口が取引している場所』という漠然としたイメージを持っている人も多いと思いますが、実は知らない事や勘違いしている事も多いんです。

インターバンク市場と呼ばれる取引所がNYとかロンドンにありそう…というのはよくある誤解です。

インターバンクのよくある誤解

株式を売買する東京証券取引所があるんだから、為替を売買するインターバンクという建物がありそうですよね。

しかし実際のインターバンクは、電話やインターネットを介した市場という概念でしかありません。
目に見える建物は存在せず、ネット上に存在する会員制のサービス的なイメージです。

インターバンク市場のイメージイラスト

インターバンク市場という会員制サービスには、巨大な資本力や信用力がないと登録ができない仕組みです。

大手銀行・政府の中央銀行・大手証券会社・短資会社など、世界中から参加者が集まります。

取引単位は100万通貨で、当たり前ですがレバレッジは存在しません。
1ドル100円換算でも、1億円が最低取引単位ですね。

その億単位で取引ができる資本力と、世界的な信用力を持つ大口だけが参加しているのがインターバンク市場という訳です。

外国為替取引だけではないインターバンク

インターバンク市場では、外国為替取引以外にも『短期金融』と呼ばれる銀行間でのお金の貸し借りも行われています。

※インターバンク市場は「銀行間取引市場」と訳される事を考えるとイメージしやすいですね。

インターバンク市場で行われる短期金融のイメージイラスト

上記のようなイメージで銀行間で取引していますが、実際には銀行の間に『短資会社』が仲介役として入ることが一般的です。

FXフレンズでも紹介している「セントラル短資FX」の短資とは、銀行間取引の仲介役である短資会社を意味しています。

日本に3社しか残っていない短資会社である歴史を考えると、その信頼性の高さが分かると思います。

 

個人トレーダーでもFX取引ができる仕組み

インターバンク市場に個人投資家が参加できないのは既述の通りです。

では何故、個人トレーダーがFX取引ができるのでしょうか?

その仕組みを解説したのが、以下のイメージイラストです。

個人トレーダーがFX取引をしている仕組みのイメージイラスト

我々が利用しているFX会社は、インターバンクの加盟銀行と契約して取引を行っています。

こうしたインターバンクの金融機関を、FX会社のカバー先金融機関(カウンターパーティー)と呼びます。

この仕組みがあるからこそ、個人でもFXトレードができるんです。

カバー先金融機関の具体例三菱UFJ銀行やみずほ銀行といった日本のメガバンクだけではなく、ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス、スイス銀行、バンク・オブ・アメリカなど世界中の大手銀行が名を連ねています。また、冒頭でも解説したセントラル短資をカバー先の1つとしているFX会社もあります。

FX会社によってカバー先の金融機関は様々です。

基本的にはどのFX会社でも、リスク回避の観点から複数の金融機関と提携していますが、数の大小に違いはあります。

原則論で言えば、カバー先が多けほど配信されるレートの透明性に繋がると考えられています。

カバー先金融機関は、ただ単にレートを配信しているだけではありません。

 

カバー取引のおかげで注文が通る

私たちが「ドル円1ロットの買い」を発注した場合、1ロットを売ってくれる人がいなければ売買は成立しません。

買い注文に対して売ってくれる人が存在して、始めて売買が成り立ちます。

FX会社はトレーダーの買い注文を成立させるために、1ロットのドル円を売ってくれているんです。

しかしFX会社も1ロットを売るための仕入れが必要です。

その仕入れ先がカバー先金融機関であり、仕入れに該当する取引をカバー取引と呼びます。

カバー取引のイメージイラスト

厳密にはFX会社は顧客の注文全てをカバー取引している訳ではありませんが、原則は上記のイラストのイメージです。

インターバンク市場に参加できない個人投資家でもトレードができる理由が、この仕組みで理解して頂けたかと思います。

FX会社のカバー取引のおかげで私たちの注文が成立していますが、この知識はFXトレーダーとして必須の知識とも言えるので、更に詳細に別記事で解説する予定です。

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。