FX初心者のトレード日誌

FXチャートで水平線を引けるようになったら負けが少なってきた

FXチャートで水平線を引けるようになったら負けが少なってきた

FXをやり始めると「水平線」という言葉をよく耳にしますよね。つい最近まで「水平線」については全くわからなくてどこに引いていいのか何のための水平線なのかチンプンカンプンでした。
ですが、最近ようやく水平線を自分で引けるようになったんです。
すると、FXで負けが少なくなってきたので麻里的水平線の引き方とトレード方法について書きたいと思います。

FXのチャートで水平線はどこに引いたらいいの?

FXのチャートを見て水平線をどこに引いたらいいのか?というのが全くわからなかった私。
最初はとにかくローソク足がぶつかっているところにたくさん引いていました。
でも、今はトレードに使えそうな水平線は2〜3本に絞って見るようにしています。

水平線

これはドル円のチャート4時間足です。
私が引いた水平線は画像の通りなんですが、ここ数日のチャートは下げ目線の動きをしていたので、ここの水平線ラインに到達したらショートで狙っていこうと思っています。

だいたい、日足〜4時間足でチャートを見て流れが切り替わっているところに水平線を引くようにしています。
流れが止められているところに水平線を引くのが定説だと思うんですが、ローソク足がよく止められる部分でも、
レンジになっている部分に水平線を引いてもその水平線ではトレード出来ないことがわかってきました。

レンジ部分に水平線を引いてしまうと上下に振られてしまい、エントリーした途端に反対方向に動いてしまうので負けることや、エントリーした後に含み損を抱えることが多いです。
なので、水平線を引くときはレンジから抜け出している部分で、過去にも流れを止められているところに水平線を引くといいのかな?なんて思っています。

ですがこの水平線…私はまだまだ精度の高い水平線を引けないことが多くつい、エントリーしたいがゆえにここならいけるんじゃない!?
という自分に都合の良いところに引いてはエントリーしちゃうこともしばしば。

当然、そんなエントリーをしてしまうと直後に含み損を抱えて苦しい思いをしてしまうんです。
エントリー直後の含み損は辛い。。。

ロットはあまり大きく張らないようにしているので負ける金額も数百円とかなんですが、それでも含み損を抱えると平常心ではいられなくなりますよね。

水平線でのトレードのその後は?

私が引いた水平線でのトレードのその後はどうなったか?という話です。

水平線でエントリーからの利確まで25ピップス

水平線にぶつかって陰線がついた時点でエントリーして、利確ラインまで25ピップスありました!

利確の目安は?今回は私が水平線を引いた場所から利確ポイントまでの目安として、前回のレンジを抜けたポイントまでと考えました。

25ピップス取れればなかなかいいですよね。

私は、まだまだ自分のトレードに自信がないので途中で反対方向に動き出すとドキドキして逃げてしまいます。
RCIの動きを見ながらまだ下げるかな?(上げるかな?)などを予想しながら利確を決めています。

もっともっと精度を上げて自分のトレードに自信が持てるようになりたい!
麻里がなんとなくつかんだ水平線のコツですが、もっとこうしたほうがいいよ!などあれば聞かせてくださいね!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。