麻里のトレード日誌

ロット管理が理解できないならFXはやらないほうがいい!?

資金管理が理解できないならFXはやらないほうがいい!?

資金管理について、イマイチ理解していなかった私ですが、みなさんきっちり管理できていますか?
ドル円のスプレッドが狭いのが魅力でDMMFXを利用している私ですが、DMMFXの難点を一つだけあげるなら最少ロットが1lot だと言う事なんですよね〜。
熟練者にとってはかなり魅力的な口座だと思うんですが、初心者にとって1ロットはお試しでエントリーするには大きすぎる!
今日のトレードの反省とともに自分に合った「ロット・資金管理」について考えたいと思います。

FXをやる上で資金管理は大切

FXをやる上で資金管理はとっても大切だ!と耳にしますよね。先輩トレーダーはみなさん「ロットは小さく」と口を揃えて言います。
私はDMMFXで初めてトレードした時に1ロットでのトレードはとっても刺激的でした。
初めてのトレードで10pips勝ったんですけど、そうすると損益は1,000円ですよね。(DMMFXは最小単位1ロットは10000通貨です)
今まで0.02lotとか0.05ロットでトレードしていたので10ピップス勝っても損益は多くても500円弱。
倍のお金が入ってくることが面白くて、その日は朝方までちょこちょこトレードしていました。でも、自分のトレードに何の根拠もない初心者の私にとって1回のトレードに1lotはるのはちょっと大きすぎたんですよね。

ある日、ツイッターで見たFXの達人がポンド円を買っていたので、マイルールを完全に忘れて便乗トレードしました。
結果はエントリーした途端あっという間に逆行し簡単に40pipsの負け。
そうすると一気にマイナス4,000円。

コツコツドカンと言うやつですね。
でも、この時ですら私はロット管理の重要性についてあまり理解できずにいました。
「また取り返せばいいや。」
そう思っていたんです。取り返す実力なんてないのにね。

損切りは資金の2%まで

損切りは資金の2%までに抑えるように設定しなければいけないという定説。
実はこれについてもあんまり計算したことはなく、何とな〜く取れる時は取れる分だけ。負ける時は「ヤバい」と感じるまでと言うざっくりした考えでいました。
ですが、手元のお金がどんどん減ってきて「あれ?私って1回のトレードでいくら負けていいんだっけ?」と、気になったんですよね。
なので計算してみました。

資金10万円の損切り金額の計算麻里の資金→10万円
10万円の2%→2,000円
資金10万円の1回のトレードで負けていい金額は2,000円

私の資金は10万円なので1回のトレードで負けていい金額は2000円ということになりますね。
損切り幅を理解していればどこまでやっていいかということが明確になってロット管理もしやすくなるということが手元の資金を減らして初めて感じました。

ロット・資金管理ができないならFXはやるべきではないと大敗して気づく

ロット・資金管理ができないとあっという間に資金を溶かしてしまうということがここにきてやっと理解できました。
10月10日の朝、新しいインジケーターを導入したのでそれを試してみたくてよくチャートも見ずにサクッとドル円に売りでエントリーしました。
するとあっという間に逆行。
10月10日ドル円チャート

107.149でエントリー後、夕方には108円台に上昇していきました。
途中ナンピンしたので2ロット売りで入ってしまうという大失敗をしました。

マイナス45ピップスで諦めて損切りしたんですが、2ロット入っているので…結果的には今までに負けたことないくらいの金額をガツンと負けてしまったんです。
ここでようやく「資金管理の大切さ」を痛感しました。

「資金管理ができないならFXはやるべきではない」

先輩の言葉がガツンと染みて、もうFXやめようかな〜なんて凹んだりもしたんですがww
まだ資金が残っているし、負ける時は負けるんだな。
ということもわかったので以下のことを肝に銘じて取り返せる日を信じながら頑張って続けます。

1.マイルールを遵守すること
2.ロットと資金管理をきちんとすること

私の負けなんてまだまだ可愛いものなんでしょうが、負けってやっぱりメンタル的に凹みますね。
でも、引き続き頑張ります!!

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。