FX初心者

FX会社のカバー取引の仕組み

FXのカバー取引とは?仕組みを分かりやすく解説

FXのカバー取引とは、一体どういったものなのか。
何となくイメージしか分からないという方の為に、カバー取引の仕組みを分かりやすく解説します。

そもそも私たち個人トレーダーがインターバンクに近い値段で売買できるのは、FX会社によるカバー取引があるおかげです。

カバー取引のイメージイラスト

上記のように、FX会社がトレーダーと反対売買をしてくれるお陰で、トレーダーは好きな時にポジションを持つことができます。
そのFX会社による反対売買の仕入れがカバー取引です。

忘れがちなポイントですが、買ってくれる人がいなければ売れませんし、売ってくれる人がいなければ買うことはできません。

上記イラストにある「カバー先金融機関」は、インターバンクで取引をしている大手銀行です。

カバー取引だけではなく、FX会社を通じてトレーダーにレートを提示するという重要な役割も担っています。

この辺りの基礎知識は、下記のページで解説しているので参考にして下さい。

では、もしFX会社がカバー取引をしない場合はどうなるのでしょうか?

カバー取引が無かったらどうなる?

結論から言えば、カバー取引が無ければ私たちトレーダーは圧倒的に不利な立場に追いやられます。

FX会社のカバー取引が無い場合のイメージ図

FX会社がトレーダーと反対売買を行うことで、私たちの注文が通る仕組みは同じです。

仮に1ドル100円でトレーダーが買い注文を出し、105円まで上昇したとします。
ロングしていたトレーダーは利益となり、ショートポジションを持っていたFX会社は損失となります。

FX会社のカバー取引が無い場合のイメージ図

カバー取引がなければFX会社とトレーダーは、お互いの利益を奪い合う存在になってしまいます。

となれば、意図的に不利な約定(スリッページ)させたり、配信レートを誤魔化したりと、敵対する存在のトレーダーにあの手この手で攻撃をしてくることも考えられます。

しかしカバー取引があれば、トレーダーの注文をカバー先に流すことで、手数料(スプレッド)がFX会社の利益となるので、FX会社とトレーダーは憎み合う敵同士ではなくなります。

トレーダーが取引すればするほど、スプレッドによる利益が増えていきます。

つまり、カバー取引という仕組みのお陰でトレーダーとFX会社は異なる利益を追求できるので、共存共栄が可能となります。

とは言え、全ての注文をカバー先に流しているわけではありません。

カバー取引を行うか否かは、カバーディーラーによって決められているのです。

カバーディーラーの裁量で決められるカバー取引

カバー取引を司るのがカバーディーラーです。

FX会社の利益を左右するのは「カバーディーラーの腕」と言っても過言ではありません。

・トレーダーの注文をカバー取引する否かを決める
・カバー取引の注文の出し方を決める

これが代表的なカバーディーラーの役割ですが、具体的に詳細を解説します。

FX会社のカバーディーラーの役割

例えば、ドル円の買い注文が入ったとします。
しかし「ドル円は下げる」と確信していれば、FX会社はカバーをせずに単純にトレーダーと反対売買を行います。

カバー取引をした場合:スプレッドだけが利益
カバー取引をしない場合:スプレッド+ショートの値下がり分が利益

カバーディーラーの裁量判断によって、FX会社はスプレッド以外の利益を生み出すことができました。
(※カバーディーラーの読みが外れた場合、FX会社は損失を出すことになります)

自分の注文がカバー取引されていない事に釈然としないかもしれません。

しかしトレーダーは自分が望んだポジションを持った上で負けたので、それは単純にトレードで負けただけです。

レートはインターバンクに繋がるカバー先から配信しているので、FX会社が不正を行った訳でもありません。

全ての注文をカバーしない訳ではなく、カバーすべき注文を取捨選択しているだけです。

トレーダーが気にする必要は特に無い

カバー取引されなかったとしても、自分のトレードには何の影響もありません。トレーダーは希望通りにポジションは持てるので、特に気にする必要はありません。

 

FX会社のカバーディーラーの役割
カバー先金融機関は、インターバンクで取引している銀行なので、FX会社は間接的にインターバンクで取引している事になります。

しかしインターバンクでは最低100万通貨以上の注文しか流せないという話もあります。
(※最低100万ドルという話もありますし、正確な最低数量は分かりません)

そうした成約がある中、FX会社には売買注文がひっきりなしに入ります。

・FXを始めたばかりの人の1000通貨単位の注文
・中堅トレーダーによる10万通貨単位の注文
・億トレーダーによる100万通貨単位の注文

様々な注文が入り乱れる中、カバーディーラーは注文を合算し、不足分をはじき出してカバー取引を行います。

 
FX会社のカバーディーラーの役割

カバー取引を行う際の注文の出し方は、カバーディーラーの裁量に委ねられます。

例:200ロットの買い注文を出す場合
・直ぐに注文を出す
・レートを見ながら100ロットずつ時間差で注文を出す
・値段が下がるタイミングを待って一括で200ロットの注文を出す

注文方法は様々ですが、より有利な状況を見極めて発注するのも重要な役割です。

ただし、カバー取引が成立するまでトレーダーの注文が待たされる訳ではありません。
トレーダーが買い注文を出した段階で、トレーダーは買いポジションを保有しています。

あくまでFX会社がトレーダーと行った反対売買のカバー取引で、より有利なタイミングを見計らっているだけです。

 

カバー取引は有り難い存在

注文の全てがインターバンクに流れていない(=カバー取引されていない)という事実に驚いた方もいるかもしれません。

しかし原則固定の低スプレッドという国内証券の大きな魅力は、インターバンク直結のシステムでは成り立ちません。

インターバンクではスプレッドが絶えず変化しますし、取引数量が小さければ取引できません。

そうした障害をFX会社が肩代わりしてくれているのです。
その最前線がカバーディーラーという訳です。

複数のカバー先から提示されるレートの中で、トレーダーに有利なレートを選別してくれているのもカバーディーラーです。

カバーディーラーの存在とカバー取引は、顧客であるトレーダーとFX会社の双方の利益を実現する為の企業努力とも言えます。

FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。