トレード手法

Moving Average of Oscillator(OsMA)最強設定を使ってトレードの活かし方

Moving Average of Oscillator(OsMA)最強設定を使ってトレードの活かし方

移動平均線やMACDを表示しているトレーダーは多いようですが、移動平均線のオシレーターであるMoving Average of Oscillator(OsMA)を表示していないトレーダーは多いようです。

実はこういう私も(OsMA)は使っておらず、理由はシグナルとMACDとのクロスも時にはトレード判断として利用するからです。

一方、MACDのシグナルは使わずヒストグラムのゼロラインクロスだけの利用であれば、(OsMA)の方が分かりやすいです。

ここでは(OsMA)の最強設定を使った15分足のトレード法を簡単にご紹介します。

Moving Average of Oscillator(OsMA)を表示と設定

実はMT4に標準で(OsMA)は搭載されていますので、さっそく表示させてみましょう。

 

Moving Average of Oscillator(OsMA)最強設定でパラメーターは下記のように設定します↓

Moving Average of Oscillator(OsMA)のトレードの活かし方

15分足でヒストグラムがゼロラインより上で買いを狙い、ゼロラインよりも下で売りを狙います。

 

ただし、あくまでエントリーするのではなくエントリーフィルターとして利用するだけで、エントリーは別のトリガーを使います。

環境認識としてはMTFを使います。

今回は4時間足もしくは1時間足のトレンド方向を見ながら15分足でトレードしていきます。

上位足のトレンド判断は上位足の平均足でもダウ理論でも何でも構いません。

下記記事を参考に判断されてください。

平均足での判断はコチラ↓

 

ダウ理論での判断はコチラ↓

 

下記は4時間の平均足で上昇トレンドと判断された期間です。

15分足に落としてエントリーポイントを探します。

エントリーにはRCIのデフォルト設定を使いダマシ回避フィルターとして上記で紹介した(OsMA)の最強設定を使います。

RCIが-0.7を下から上にクロスし、(OsMA)がゼロラインより上であれば買いエントリー、RCIが0.7を上から下にクロスとしたところで決済としたところ下記の様なポイントでトレードできます↓

今回はエントリートリガーとしてRCIを利用しましたが、平均足でも他のオシレーターや移動平均線のクロスなど何でもいいと思います。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆15分足専用サイン「F15-easy」◆
億トレ監修・たった2年で数億稼いだ手法をロジック化し、分かりやすい移動平均線を用いて超安全パイで高勝率!1日10~20pipsを安定的に獲得します。
サインがでても慌てることなく冷静に判断できるのでサラリーマンの方にもご利用になれるサインツールです。
こちらもサインをメール送信できる機能を搭載。

>> サインツール「F15-easy」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-hybrid」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。