麻里のトレード日誌

水平線トレードチャレンジ2回目 10月16日EURJPY編

水平線トレードチャレンジ3回目 10月16日EURJPY編

水平線トレードチャレンジ3回目のレポートはユーロ円です。
ユーロ円10月16日4時間足チャート
あらかじめエントリーに使用できそうな水平線を引いて置いたところ、水平線に近づいてきたので思い切ってエントリーしました。
さて、結果はどうなったか?麻里の水平線トレードチャレンジレポート3回目です。

水平線トレードチャレンジ3:10月16日EURJPY

水平線トレードチャレンジ10月16日に目をつけた通貨は「EURJPY」です。

目をつけた理由は?
16日のユーロ円はあらかじめ引いた水平線付近でエントリーチャンスがたくさんありました。
昼間にもかなりいい感じのエントリーチャンスがあったのですが逃してしまい、悔しい思いをしながら監視を継続。
すると、夜にもまたチャンスが来たのでエントリーしようと思いました。

昼間から何度も私が目をつけていた水平線でサポートされていたのでこれはいける!と思っていました。
水平線でサポートされたのを確認してからエントリーします。

いつもMA20のラインを超えてからエントリーするのですが、遅れてエントリーしてしまい利確幅が縮まるという悔しい思いをしているのですが、未だにちょうどいいエントリータイミングを掴めずにいます。
水平線でサポートされたのを確認したらエントリーしても良いような気もしています。

今回はエントリーのタイミングとMAのラインとの関係で15分足を見ながらエントリーしました。

ユーロ円10月16日15分足チャート

これが16日ユーロ円の15分足の画像です。
エントリーした後にいい感じで伸びてきたのですが、一旦は建て値付近まで戻してきたので家事をしながらチャートを見つつという具合。

水平線トレードの損切り位置は?私は自分の引いた水平線のちょっと下に損切りラインを引いています。通貨の特徴で騙しの動きが大きいものに関しては損切りラインを広めに取りますが、金額的に1,000円くらいまで決めていますよ。

利確目安は直近の高値

ロングでエントリーする場合は利確目安を直近の高値までと決めたのですが・・・。
最近のユーロ円は勢いよく上げているのでもう少し上がっていくのではないかとRCIを見ながら判断した私は直近の高値よりも一段上の高値に利確ラインを決めました。
ユーロ円10月16日15分足チャート利確ラインと損切りライン

水平線チャレンジEURJPY10月16日のトレード結果

水平線チャレンジのトレード結果は以下のようになりました。

10月16日EURJPYのトレード結果通貨:ユーロ円
損益:685円 13.7Pips
ロット数:0.05

エントリーから建て値付近まで戻されることが2度ほどありやきもきしていたのですが、指標で勢いよく上げた瞬間に利確していたようです。
ちょっとよそ見をしている間に利確していてビックリしました。

今回引いた水平線はバッチリな位置だったらしく、サポートされた後はぐんぐん上げて53ピップスも獲得できていたんだな〜と悔しくも思いました。

チャートをご覧ください。
ユーロ円10月16日15分足チャート利確目安
赤枠内でぐんぐん上昇したユーロ円。
TD Sequentialがしっかり、その日の高値で「13」を点灯させているんですよね〜。

やっぱり、利確目安にTD Sequentialを使うというのもなかなかありですよ。
TD Sequentialはリペイントしないらしいので、かなり使えるインジってことかも。

しかし、麻里の引いた水平線で13や9を点灯させるタイミングって滅多にないので自分の水平線トレードを磨いていくしかないですね。
何か自分のトレードスタイルにぴったりくるサインツールなどを見つけたいな〜と思っています。

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。