アイネット証券

ループイフダン倶楽部

ループイフダンでドル円の運用を始めました

FXフレンズの高木です。

11月からリアルマネーでループイフダン運用を開始しました。

投入した金額は150万円です。
運用開始したループイフダンの詳細

10月末に150万円入金して何度か裁量トレードをしたので、実際には150万円から増えていますが、そこはご愛嬌ということで(笑)

実はループイフダンの運用開始直後から「ループイフダン倶楽部」という名のtwitterアカウントで、ほぼ毎日実況中継をしています。

本当にループイフダンで簡単に勝てるのか?という疑問をお持ちの方も多いと思います。

リアルタイムでtwitterに売買記録をアップしているので、是非チェックして下さい。

運用開始したループイフダンの詳細

選んだ通貨ペア:ドル円
選んだプラン:B10(10銭ごとにロング)
取引数量:1(1000通貨)

まずはテスト的に運用しているので1000通貨で様子見です。
複数のループイフダンを回すプランもあるので、証拠金維持率に余裕を持たせています。

ドル円を選んだ理由

・今年の値幅が約8円という稀に見る低ボラレンジとなっている
・2017年2018年も約10円のという小さな値幅
・余程の大きな材料が無ければレンジを継続すると想定
・最も身近な通貨ペアなのでイメージも付きやすい

ざっとこんな理由です。

週足のチャートを見るとこんな感じですね。
ドル円の週足チャート

徐々に値幅が狭くなって来ており、三角持ち合いの終盤とも見えます。

上に伸びれば利益が伸びるのでOK。
下に伸びれば材料を見ながら、予備プランを発動させます。

材料次第では急激な円高になることも想定していますが、輸出立国の日本が危機的状況になる前に何らかの手が打たれると考えています。

以下の記事にも書きましたが、ドル円は一方的な値動きが続くとは考えにくい通貨ペアです。

トレンドが出にくいとも言えますが、チョコチョコと利益を抜くループイフダンには最適です。

今回の基本戦略

ドル円の買い方向なので多少の含み損を抱えても、レンジ内に戻ってくるまでスワップを貰いながら気長に待つのが基本戦略。

売買単位は1000通貨と小さめロットで安全度を高めていますが、注文間隔は10銭という狭い範囲の攻めの姿勢で。

特に最近は値幅の狭いレンジなので、25銭とか50銭にするとトレード頻度が激減します。
そのため、ロットは低めだけど注文数を多め、という具合にバランスを取りました。

この辺のバランスは通貨ペアや資金量に合わせて変える必要がある部分です。

運用開始1週間ですが、5日目にして既に17本のポジションを利確。
今の所はこの戦略がハマっています。

使用中のループイフダンは、低スプレッド・高スワップのアイネット証券です。

アイネット証券のループイフダン詳細を見てみる→

色々と調べましたが、アイネット証券が最も好条件です。

FXフレンズでも定期的に経過報告はしていきますが、twitterのループイフダン倶楽部も是非チェックして下さい。

ほぼリアルタイムで高木の収益推移が分かります(笑)

フォローも大歓迎です。

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。