学習

TDシーケンシャル

勝者の手法でFXマーケットの転換点をつかめの感想

FXを最初に始めた時に、フィボナッチ、水平線、ディナポリ、デマークと勉強をしたのですが、復習の意味を含めて「勝者の手法でFXマーケットの転換点をつかめ」のDVDを見直してみました

DVDでお話しされているのは、ザイFXでも執筆されている西原 宏一さんですね

一応、目次でも記載があるので、ネタバレしてもいいのですが、TDシーケンシャルについてお話しています

DVD目次
DVD 勝者の手法でFXマーケットの転換点をつかめより

このトム・デマーク氏ですが外資金融グループにも指導などをしていますし、知っておいて損はないですよね

勝者の手法でFXマーケットの転換点をつかめで学べる事

内容は主にTDシーケンシャルについてです
9で小トレンド転換、13でトレンド転換と言われていますが、本当にそうなの?という疑問があります

デマークの正規システムは月額で10数万円するようですが、版権が厳しく銀行系や外資などは使っているようですが一般的には費用が高いので無料のインジケーターを使う人がほとんどだと思います

実際には、再現しているとの事ですが、数字の出方が製作者によって違います
確かめる術がないのでどのMT4インジケーターが良いかは断言出来ませんが1~13まできちんと数字が出るタイプが良いと思います

それで、「勝者の手法でFXマーケットの転換点をつかめ」のDVDの中で西原 宏一さんは一般的に言われている9と13でのエントリーで片付くほど単純ではない話をされています
具体的にはDVDの内容になりますので書けませんが3つのエントリー方法を述べています

1~13の数字は、TDシーケンシャルの正規品であれば変わらないはずですから、誰が売買しても同じエントリーになるはずです
それでも、同じ結果にならないのは3つのエントリーの判断にもよるのでしょう

児島としては、この3つのエントリーを知れただけでも4104円を支払った甲斐があると思ってます
1冊の書籍を買うと思えば高いですが、このDVDを買って利益があげやすくなるのですから、良い買い物をしたと思ってます
それ以上に、再度見直してみて、FXを始めた頃に見たのに忘れていたというか覚えていなかった自分が恥ずかしいです

また、正しいTDセットアップ→TDカウントダウン→リサイクリングの流れを確認出来たのも大きいです

プロのトレーダーの現場で使われている意味もわかる気がします

DVD 勝者の手法でFXマーケットの転換点をつかめの販売サイトはこちらで売ってます

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。