トレード手法

Rsi vs bollinger bandsを使ったトレード手法を考察

Rsi vs bollinger bandsを使ったトレード手法を考察

Rsi vs bollinger bandsを使ったトレードを紹介しますね

海外でよくあるdynamicシリーズをご存知な方もいるでしょうが、Rsi vs bollinger bandsと違いはサブチャートとメインチャートに表示する程度ですね
そして、この手法を覚えるだけで強力な手法の一つとなります

よく巷ではインジケーターでは勝てないと言われます
そうして、海外では全く主流ではない水平線トレードこそ相場の本質と言う方が正しいように語られます

インジケーターでも勝てますし、水平線でも勝てます
その違いは何なのか?
それは、勝てる事を実感して愚直に行う事です

そういった事も踏まえてRsi vs bollinger bandsの使い方を知ってヒントにしたり実際のトレードに使用してみてください

Rsi vs bollinger bandsはどんなインジケーター?

Rsi vs bollinger bandsは名前の通りRSIとボリンジャーバンドを使ったインジケーターとなります
相場の買われすぎや売られすぎを表すRSIで任意のレベルとボリンジャーバンドが2σを越えた時にサインが出ます

Rsi vs bollinger bandsの実際のサイン

数値は、任意で設定出来ますのでご自身の好きな数値で設定出来ます

下記設定はおすすめの設定です

Rsi vs bollinger bandsのオススメ設定

インジケーターの設定画面

上の画像と下の画像を見比べるとわかりますが、下の画像の方がサイン数が多いです
(画像はクリックすると大きくなります)

騙しも多くなりますし、精度が落ちているのが下の画像です
条件が多くなるのに、オススメ設定とはおかしいですが、Rsi vs bollinger bandsはあくまでもトリガーとして考えます
フィルターを入れる事により、この設定が生きてきます

Rsi vs bollinger bandsを使った順張り手法

まず、移動平均線を使った方法を説明していきます

EMAやSMAなどの移動平均線はお好きな数字で構いません

設定を長くすれば利確や損失は大きくなります
逆に短い設定は利確や損失は小さくなります

短期移動平均線が長期移動平均線より上にあれば買い目線、逆であれば売り目線となります

シンプルなルールですが、複雑にするなら移動平均線を4本とか6本にしても構いません

移動平均線フィルター

サインを多くしてトレンド判断をフィルターに入れる事で勝率も7割以上は確保出来るでしょう

Rsi vs bollinger bandsを支持抵抗線と合わせる方法

Rsi vs bollinger bandsのサインを支持抵抗線と合わせるのも効果的です

例えばサインが出る時に意識される上位足の移動平均線と合うケース
ピボットや前日のハイローと合う場合
上位足のボリンジャーバンドと合うケースなどですね

こういったケースは転換点となるケースが多いのでRsi vs bollinger bandsの優位性が上がります

欧州時間開始時のヘッドフェイクも相性が良いですね

色々と工夫して、自分だけの手法を見つけていくのもFXの楽しみの一つです

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。