トレード手法

BBands Stopを使ったトレード方法

BBands Stopは世界的に見ても割と使われているインジケーターです
多くのトレーディングシステムにも取り入れています

BBands Stopはどのようなインジケーターかというとボリンジャーバンドのトレンド方向にだけアッパーバンドやローアバンドを残したインジケーターとなります
基本的な説明は下記ページをご覧ください

さて、実際にBBands Stopの使い方を他のインジケーターも交えてお話しします
時間足は15分足以上が良いでしょう
最近はトレンドが付きづらい状況にありますので

BBands Stopを使った教材があります
1秒スキャルという教材です

一部では、ものすごく叩かれている教材ですが教材内の後半部分に非常に大事な事が書かれています
なぜ叩かれているのかわかりませんが、どんな教材でもしっかりと理解しないと勝つのは難しいでしょう

私はFX自体が楽しくて好きですが、努力するのも大好きです
決して理解できないものでは無いはずです
今回書いている内容も勝率100パーセントではありませんが、シッカリと負けるところは負けて勝てるところでは利益を出していく
そうしてトレーニングを積んでいれば結果は付いてきます

BBands Stopを使ったトレード方法

BBands Stopを使ったトレードですが難易度は高くありません
15分足以上が推奨で今回は15分足で説明いたします

ルールとして、エントリーチャンスは一度の周期で1回のみです
エントリーはいつもの私のトレードのように1回のエントリーで2回に分けて行います
通常ロットが1ロットであれば0.5ロットを2つですね

使うインジケーターはBBands Stop、移動平均線2本、平均足、マルチタイムフレームのストキャスとなります
チャートは以下の通りです

BBands Stopを用いたチャート

●エントリールール
MAクロスがエントリートリガー
フィルターで平均足上昇とBBands Stopの買い方向
マルチタイムストキャスが売られすぎの状態から買われすぎの位置になるまでの範囲でチャンスを狙います
1度チャンスを逃したら同じ範囲では再度エントリーはしません
一度の波で1回だけ最初のポイントでエントリーします
基本的にBBands Stopと1時間足のストキャスを合わせるのでチャンスは少なくなります
ただ、獲得ピップス数も少ないですが勝率は非常に高いですね
15分足だと10から20ピップスを狙っていきます
エントリールール

●利確ルール
利確はBBands Stopの色変わりやデイリーピボットになります
2本エントリーするので1本目を10ピップス程度で利確しておくと心理的に2本目は引っ張りやすいです
私自身、FXではこの利確方法は魔法と思っています

復讐を兼ねてもう一枚チャートを出しておきます
良いチャートを選んだわけじゃないですが結果は大きく変わる事はありません

BBands Stopの復習チャート

BBands Stopの取引まとめ

実際に使用して見るとわかりますが優位性は高いです
この手法は海外では割と多く用いられています
決して難しい事はありませんので練習をしてものにしてみてくださいね

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。