ねこ博士

ねこ博士の粉雪

ねこ博士『粉雪』運用結果をレビュー

どうも、こんばんは。
FXフレンズの清水です。

今回はねこ博士『粉雪』運用結果について。

清水はいくつか自動売買(EA)を購入して、運用しています。
裁量トレードも大事ですが、忙しくてあまりチャートが見れずにトレードできない時にも自動売買(EA)は販売者のロジックでトレードをしてくれる優れものです。
もちろん損失を出す場合もあるのでしっかりとしたロット数の設定を行いながらコツコツと運用していくのが理想です。
数字だと月利5%~10%くらいがちょうどいいのではないでしょうか?

そこで清水オススメの自動売買(EA)、『粉雪』

ねこ博士が開発したユーロドルの5分足で運用してくれるマーチンゲールタイプの自動売買(EA)です。

マーチンゲールタイプとは?最初のトレードから逆行した場合に、倍、さらに逆行した場合は倍々にロット数を設定してその負けを取り返しにいく手法です。
簡単に言うと非常にリスキーなタイプな手法ですよねw

粉雪の場合は最大で4ポジ保有になります。
なので、どこかの怪しい自動売買(EA)と比べるとポジション的にはまだ可愛らしいかなと(笑)

さらにTPが20に対してLCが4000w
LCの数値が半端ないw
4000は4ポジのトータルなので、1ポジあたり1000ということになります。

どうですか?
ここまでの紹介だと全く買いたくないなと思いますよね(笑)

だけどこの粉雪はマーチンゲールタイプを上手く利用しながらも結局はプラス終始に落ち着いてくれるので清水イチオシの最高の自動売買(EA)といえます。
結果的にトータルで負けないんです。

きっと細かいロジックを採用しているんでしょうね。
3つのテクニカルを採用してトレンドやボラティリティを総合的に判断しているそうですよ。
紹介文で記載されているIMAは移動平均線の値を取得する為の関数なのでテクニカルじゃないです。
要は移動平均線をテクニカルの一つとして採用しているのかと思いますw

ちなみに清水が2018年の2月末くらいから運用した結果になります。

粉雪の取引記録その1

粉雪の取引記録その2

画像を全てだすのもあれなので、最後はエクセルで結果をまとめてみると…

粉雪の取引結果の画像

総取引回数  111回
総合計 +345,439円

いかがでしょうか?
2018年2月末~2019年1月末という約11ヶ月での結果ですが、良い数字かなと思います。

ちょっと清水の場合はこの粉雪を信じてるのでロット数を高め設定にしていますが、もちろんリスク大です。
決してマネはしないでください(笑)

ちなみにこの粉雪の価格は、16,800円と他の販売者さんと比較しても安いのでオススメですよ。

粉雪はこちらから

清水の中で運用している最高のEAの一つです。
ちなみにもう一つは同じねこ博士のマックスレボリューションというEAです。
よければ是非参照してみてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。