トレード手法

EMA・AO・MACDを使うトレンドフォロー手法

EMA4本とAO・MACDを使ったトレンドフォロー手法

EMA4本とAO・MACDを使った簡単なトレンドフォロー手法を紹介します。

AOはMACDにはない「色変わり」があるので、売買の強弱が見やすいので個人的にはお勧めです。

今回紹介するトレンドフォロー手法は、推奨は30分足以上で通貨ペアは特に問いません。
MT4標準のインジケーターしか使わないので、スマホでも使えるトレード手法です。

ポンド円30分足
EMA4本とAO・MACDをセットしたチャート

・EMA(36,44,144,176)
・AO(Awesome Oscillator)
・MACD(3,7,1)

こういうシンプルなチャートは見やすくていいですね。

MT4純正インジケーターばかりですが、MACDをデフォルトよりも短期設定にして、ヒストグラムだけを見ているのが特徴です。

売買の基本ルール

今回の手法の基本ルールを解説します。

◆買いエントリー◆
1.EMAが上から短期→長期の順にEMA36,44,144,176が並ぶ
2.AOが緑色+MACDが0ラインを上抜ける
買いエントリー時のルール

 

◆売りエントリー◆
1.EMAが上から長期→短期の順にEMA176,144,44,36が並ぶ
2.AOが赤色+MACDが0ラインを下抜ける
売りエントリー時のルール

非常にシンプルなルールなので、特に迷う場面は無いと思います。
損切り位置は直近の高値安値が一般的ですが、サポレジなども考慮するといいですね。

今回のトレード手法をサイン化

今回のトレード手法のロジックをサインツール化しました。

下記はオージー円30分足です。
サインツールFriends-4emaを表示したチャート

いくつか矢印が出ていますが、全てのサインでエントリーする訳ではありません。

トレンドフォロー手法なので、値動きのある時間帯と通貨ペアを選ぶといった事は必須です。
また、直近で反発している場所やラウンドナンバーなどのサポレジ付近でのエントリーは注意すべきポイントです。

 

分かりやすいチャート形状としては、下記のように短期EMAが上昇中の売りエントリーは避けた方がいいですね。(買いの場合は逆)
トレードを見送るべき場面

 

また、AOがダイバージェンスしている際にはトレンド転換が疑われるので、買いエントリーは控えた方が安全です。
ダイバージェンスしている場面

ダイバージェンスについては、下記の記事で詳しく解説しているので参考にして下さい。

 

サインツールの注意点

今回のサインツールの注意点として、AOの色とサインの方向性がマッチしていないケースがたまにあるので、AOの色を目視で確認するようにして下さい。
サインツールの注意点

 

サインツールのパラメーター設定

パラメーター設定では、各移動平均線の期間・種類、サインの通知が変更できるようになっています。
Friends-4emaのパラメーター設定

ma_methodは移動平均線の種類になります。

0:SMA
1:EMA
2:SMMA
3:WMA

今回のトレード手法の考え方をベースに、ご自身でお好きな移動平均線に変更が可能です。

サインツールの配布について

サインツールは、次回発行するFXフレンズ公式メルマガ内で配布致します。

なお、FXフレンズメルマガはバックナンバーは非公開になっておりますので、過去のメルマガは読めない仕様となっております。

>> メルマガ登録はこちらからできます

不定期でメルマガ読者様限定のプレゼント配布も行っておりますので、登録が遅い人は損をする可能性がありますのでご注意下さい(笑)

既にメルマガにご登録済みの読者様は、楽しみにお待ち頂ければと思います。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-friends」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-friends」の詳細と入手方法 <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。