テクニカル分析

一目均衡表「値幅観測論」の計算方法とインジケーターの紹介

一目均衡表「値幅観測論」の計算方法とインジケーターの紹介

一目均衡表は「時間論」「波動論」「値幅観測理論」と大きく分けると3つの柱からなっています。
そのなかの「値幅観測理論」の計算方法と自動表示するMT4インジケーターをご紹介します。

テクニカル指数の多くが過去の価格から計算された遅行指標に対し、この「値幅観測理論」は過去の価格パターンから未来を予測する先行指標として利用されるのが特徴で主に利確の目安として使う方が多いようです。値幅観測理論は基本的にV値、N値、E値、NT値の4つの観測方法がありますので、各計算方法を解説します。

V値

V値とは押し目幅の倍返しです!
下記画像のBからCへの押し目幅の倍返しがDになります。

V値計算方法:D=B+(B-C)

画像は日足チャートですが、長い下降トレンドのあとに反発し見事V値までレートが到達しています↓
V値までの戻し

 

N値

N値とはAからBの値幅を押し目Cから同じ値幅ほどDへと上げます。

N値計算方法:D=C+(B-A)

先ほどのV値と同じ場面ですが、N値であるDを超えています↓
N値

E値

E値とはAからBへの値幅を高値であるBにプラスしたものがDになります。

E値計算方法:D=B+(B-A)

先ほどと同じ場面でもE値に達しています↓
E値

NT値

NT値とはAからCの切り上がり分を押し目であるCにプラスしたものがDとなります。

NT値計算方法:D=C+(C-A)

上記で解説した3つよりも出現率が低いのが特徴です。
下記チャートではNT値を超えていますが、なかなかNT値でピッタリ止まるところが見つかりませんでした↓
NT値

値幅観測論を表示するMT4インジケーター

4つの計算方法は単純ですが、意外と面倒だったりします。そこでインジケーターで自動表示してくれるものがないかと探したところ有料ですが販売されていました。

その名も「一目均衡表・値幅観測論」です。
使い方は下記動画で説明されています↓

下記のようにラインで4つの観測値が表示されます↓
一目均衡表・値幅観測論

どこまでレートが届くかは相場の雰囲気にもよりますが、下げ相場が一巡した後の初動の反発として多くはE値を取りに行くことが一般的です。しかし、その手前などに節目となるピボットなどの抵抗があるとE値まで戻さないこともあります。

そのため各観測値においては、絶対視せずに参考程度にしておくことが重要です。その他にもフィボナッチリトレースメントを活用し、どこまで押し目や戻りが進んだのか把握しておくことも大切です。

>>一目均衡表・値幅観測論の購入はコチラへ

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-friends」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-friends」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。