有料EA

利大損小百花繚乱EURUSDの紹介画像

kitamike『利大損小百花繚乱EURUSD』運用結果をレビュー

はい、FXフレンズの清水です!

今日はkitamike『利大損小百花繚乱EURUSD』の運用結果をレビューしたいと思います。

この自動売買(EA)は、何と利用者が1622名もいるほど大人気です!
正確には利用者ではなく購入者数だと思いますが^^;

清水が以前書いたねこ博士の粉雪は498名でRevolutionは399名なので倍以上の購入者です。

通貨ペアは名前の通りユーロドルで時間足は15分足です。

紹介文で1ロットで過去10年間で2,400万円の利益と物凄く魅力的な文言がありますが果たしてそうなりますかねw
とりあえずロット数を同じように1ロットなんて怖くてできませんw
なので0.3ロットからスタートしてみました。

利大損小百花繚乱EURUSDの運用結果はこちら。

利大損小百花繚乱EURUSDの運用結果

17トレード中、10勝7敗w

こんな6割ちょっとの勝率に1ロットなんてぶっこめませんw

8.5割~9割以上でなんとか1ロット運用もいいかなと思いますが、それでも自動売買(EA)に1ロット運用はかなり慎重になりますね(笑)

一応、収支は38,491円でプラスに落ち着いてくれたのは良かったのですが、しばらく運用して負け続きになってきたのですでに停止しました。
購入直後は本当に良い結果だっただけに非常に残念でしたね。

※下部の追記を参照ください。
短期での判断で百花繚乱EURUSDを停止したことにあとから後悔しましたw

現在も販売中でフォワードテストの結果がでているのでチェックしてみましたが去年の12/13から現在までを見ると負けが大きくてドンドン資金が減っていってますねw

百花繚乱EURUSDのフォワード結果

最初は好調な滑り出しの自動売買(EA)も途中になってきてからマイナスになってくる事もよくあるので、運用を任せっぱなしにせずしっかりと毎回結果を確認しながらロット数の調整や停止をしたりしながら上手に運用していきましょう。また重要な経済指標の際は必ず自動売買(EA)は止めるべきです。
決済ラインと真逆に下落や上昇なんてあり得ますのでリスクは負わずにコツコツと資産を増やすような意識を持ちましょう。

追記 さらに百花繚乱EURUSDをクアントアナライザーで検証

百花繚乱EURUSDをマイナス的な意見で紹介になっていましたが、本当にそうなのか?と疑問を抱いたので清水はクアントアナライザーでより細かく調べてみました!
まさかこんな結果だとは気づきもしませんでしたw

まずは年間成績から出していきます!

百花繚乱EURUSDの年間成績

2019年はまだ全期間出ているわけではないのでまだマイナスも当然です。
2006年から2018年のバックテストでは年間成績は負け無しになっています!

清水は大きな負けが続いてしまったから停止してしまいましたが、実際に年間成績で見てみるとこのようなプラス収支!

しっかりとバックテストして検証しないと本当ダメですね~

連敗続きになってしまうとつい百花繚乱EURUSDは終わったなぁと思ってましたがまだ全然稼いでくれるEAだということを証明しています。

百花繚乱EURUSDをモンテカルロ分析にも掛けてみますがブレもほとんどなくしっかりと最適化されているとわかると思います。

百花繚乱EURUSDのモンテカルロ分析

次に将来的な予測に関しては下記の通り。

百花繚乱EURUSDの予測

これも右肩上がりで今後も資産を増やしてくれる重要なEAだとわかりますね。

→利大損小百花繚乱EURUSDはこちらから

清水もこのクアントアナライザーの結果をみて再び百花繚乱EURUSDを稼働開始してみました。
結果なども踏まえてまた追記で紹介できたらいいと思います。

ただ勝率はあまり高くないので、百花繚乱EURUSDはコツコツ資産を増やすEAタイプです。
適正なロット数かそれより低めを設定してコツコツ運用しておくべきかと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。