トレード手法

3つの移動平均線のクロスを使ったトレード手法

3つの移動平均線のクロスを使ったトレード手法

トレードの基本でもある3つの移動平均線のクロスを使ったトレード方法です。
特別なインジケータ―も必要なく、初心者向けとも言えます。

よく移動平均線のクロスだけだとダマシが多いとか、エントリーが遅く使い物にならないと言われますが、3つ使用することで単純なクロスよりも精度が高くなります。ただし、このトレード手法はトレンドを追う方法なので、それなりのトレンドが発生しないとダマシにあう可能性が高くなります。
そのため使用する時間足は15分足もしくは1時間足に限定しています。

それ以外の時間足だとダマシに会いやすいか、もしくはトレードチャンスが少なくなります。

なお、対象となる通貨ペアに制限はありませんが、移動平均がクロスしてもトレンドが継続しやすくボラティリティが高いポンド円やゴールドなどがオススメです。

使うのは3つのEMAだけで、まずは10EMA、25EMA、50EMAをチャートに表示します↓
チャート設定

 

買いエントリー&決済方法

10EMAが25EMAを上抜け(クロス)し、その後10EMAが50EMAを上抜けローソク足が確定したら買いエントリーします。
買いエントリー

買いエントリーの決済

10EMAが25EMAにタッチもしくは下抜けすると決済しますが、ローソクの確定まで待ちます。
買い決済

買い決済方法その2

10EMAが50EMAにタッチもしくは下抜けすると決済しますが、ローソクの確定まで待ちます。
買い決済その2

 

この決済方法は大きなトレンドが発生した時に利益をできるだけ伸ばす方法ですが、トレンドが継続しないと先ほどの25EMAタッチでの利確の方が利益が大きい場合があります。そのため先ほどの利確方法で一部決済し、残りのポジションは利益を追求しつつ建値撤退などがオススメです。

売りエントリー&決済方法

10EMAが25EMAを下抜け(クロス)し、その後10EMAが50EMAを下抜けローソク足が確定したら売りエントリーします。
売りエントリー

 

売りエントリーの決済

10EMAが25EMAにタッチもしくは上抜けすると決済しますが、ローソクの確定まで待ちます。
売り決済

売り決済方法その2

10EMAが50EMAにタッチもしくは上抜けすると決済しますが、ローソクの確定まで待ちます。
売り決済その2

こちらの先ほどの買い決済その2と考え方は同じで可能な限り利益を伸ばす決済方法です。

トレード手法でのメリットとデメリット

メリットとしてはトレード手法がシンプルで初心者にも実行しやすく、一旦大きなトレンドが発生すると大きな利益を得ることができます。

デメリットとしては移動平均線を使っていることから一方では遅行指標ともいわれ常に先端の移動平均線がレートにより変更することから監視する必要があることと市場のボラティリティが低下するとダマシが多くなるデメリットがあります。ダマシを回避する方法としては4時間足などの上位足でのトレンドを把握することで回避することも可能です。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-friends」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-friends」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。