カスタムインジケーター

マルチタイムフレームで3本のRSIを表示するRSI-3TF

RSIをマルチタイムフレームで3本表示するRSI-3TF

RSIをマルチタイムフレームで3本表示するインジケーター「RSI-3TF」を紹介します。

RSI-3TFを表示したチャート

RSIは最もメジャーなインジケーターの1つなので、多くの人がチェックする指標です。

そのためテクニカルが機能しやすいので、個人的にもよく使います。

以前の記事でマルチタイムフレームでRSIをグラフ表示する「RSI_Bars_M#_v3」を紹介しましたが、今回紹介する「RSI-3TF」は通常のライン表示なので、こちらの方が使いやすい人も多いかもしれませんね。

RSI_Bars_M#_v3は下記の記事を参考にして下さい。

RSI-3TFの詳細

RSI-3TFは、文字通り3つの時間軸のRSIを表示してくれるインジケーターです。

→RSI-3TFのダウンロード(ZIP形式)

下記はポンドドル15分足に表示した事例です。
RSI-3TFの表示例

RSIは上位足になるほど機能しやすくなるので、短期足をメインで使う人には重宝します。

 

ただしマルチタイムフレーム特有の注意点はあります。

リアルタイムの動きと過去チャートでは、ズレが生じている可能性があります。
特に現在足と上位足の時間軸が離れるほど広範囲のRSIが動くので、MTF特有の注意点として覚えておきましょう。
マルチタイムフレームの注意点

 

インジケーターの設定自体は非常に簡単です。

3つの時間軸と期間を入力するだけ。
お好みで色の変更とレベル追加をして下さい。
RSI-3TFのパラメーター設定

RSI-3TFの使い方事例

RSI-3TFは通常のRSIのように過熱感を見るのが一般的です。

上位足に過熱感があればエントリーを控える・利確を考える・反転を狙うといった使い方でしょうか。

ただしRSIは過熱感だけではなく、トレンドを見るという使い方もあります。
50以上で買い優勢・50以下で売り優勢という具合ですね。

数値に関しては様々なパターンがありますが、今回は50を用います。

下記はポンドドルの15分足です。
黄色の4時間足RSIが50以上で推移しているので、買い優勢と見て押し目買いを狙います。

ストキャス(9-5-5)のクロスでエントリータイミングを取った事例です。
RSI-3TFのトレードへの活用法サンプル

直近安値を損切りとした場合、2回負けていますが雰囲気としては悪くないですね。

利確を伸ばすことができれば、リスクリワードの良いトレードとなります。

ストキャスの設定に関しては下記の記事を参考にして下さい。
今回の9-5-5についても触れています。

RSIの期間は14がMT4のデフォルトでもあり一般的な設定ですが、反応を早くする為に7や9を使う人もいます。

RSI-3TFでは3つそれぞれで期間変更もできるので、数値を変えてみるのも面白いですね。

環境認識にRSIを使う人は多いので、使い勝手の良いインジケーターですよ。

→RSI-3TFのダウンロード(ZIP形式)

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-hybrid」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。