カスタムインジケーター

1つのチャートに複数時間足のチャートを表示するインジケーター

1つのチャートに複数時間足のチャートを表示するインジケーター

1つのチャートに複数時間足のチャートを表示するインジケーターを2つご紹介します。

マルチタイムでトレンドの方向性を見るのはトレーダーにとって常識となっていますが、そんな時にチャートを切り替えることなく、複数の時間足チャートが表示できるのはとても便利です。
とくに切替えが面倒な方にとっては重宝するインジケーターだと思います。

ただ1つのチャートに複数時間足を表示すると、どうしても各時間足のチャートが小さくなり、少し見ずらい部分が正直ありますが、詳しく見たい時間足については、最終的に切り替えて分析されてください。あくまで目安と思って使うのがオススメです。

Mini Charts

Mini Chartsはチャート右側にデフォルト設定では、15分足から日足までのローソクチャートを表示するインジケーターです。
Mini Charts

 

最大で9種類の時間足を表示することができます。
パラメーター設定でメインチャートに表示する位置を変更したり、行や列を指定することができます。

Cornerで表示位置を変更することができます↓
チャート上の表示位置変更

 

BarsToDisplayは、各チャートに表示するローソク足本数を指定できます↓
表示するローソク足本数を指定

>>Mini ChartsのDLへ

FFx Bollinger Bands

FFx Bollinger Bandsは上記のMini Chartsで各時間足のチャートに表示できるところは同じですが、ローソク足の他にボリンジャーバンドも同時に表示することができるインジケーターです。
FFx Bollinger Bands

 

ボリンジャーバンドでトレードする方にとっては便利なインジケーターです。
Mini Chartsと異なるのは、サブチャートに表示されるところです。

パラメーター設定でサブチャートに表示される他時間足のボリンジャーバンドの設定ができます↓
ボリンジャーバンドの設定

 

サブチャートに表示する時間足を指定します↓
サブチャートに表示する時間足を指定

 

各チャートのローソク足の本数を指定できます↓
ローソク足の本数を指定

 

その他にも上下のボリンジャーバンドへのタッチやミドルバンドへのタッチでアラートやメール通知する機能が付属しています↓
様々なアラート機能

>>FFx Bollinger BandsのDLへ

まとめ

1つのチャートに複数時間足のチャートを表示できるインジケーターですが、それぞれ特徴があります。

特にボリンジャーバンドを表示することができるFFx Bollinger Bandsは、レートがバンドやミドルラインにタッチするとアラートで知らせてくれるので、今まで気が付かなかった反転ポイントで利確ができたり様々な使い方ができるのでオススメです。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆15分足専用サイン「F15-easy」◆
億トレ監修・たった2年で数億稼いだ手法をロジック化し、分かりやすい移動平均線を用いて超安全パイで高勝率!1日10~20pipsを安定的に獲得します。
サインがでても慌てることなく冷静に判断できるのでサラリーマンの方にもご利用になれるサインツールです。
こちらもサインをメール送信できる機能を搭載。

>> サインツール「F15-easy」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-hybrid」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。