FX教材

エイク氏「Candle-Trend PRO」のキャンドルアクションを利用した納得のトレードをレビュー

エイク氏「Candle-Trend PRO」のキャンドルアクションを利用した納得のトレードをレビュー

エイク氏のトレード手法を体系化した「Candle-Trend PRO」を購入したのでレビューします。

トレード判断の大半がローソク足でインジケーターの利用はゼロではありませんが、エントリーの一部以外はローソク足で判断する内容となっています!

結論から言うと「ぶっちゃけ勝てる教材です!」
実際のプロトレーダーの手法や考え方を学べます。

コスパ的には最高ではないでしょうか!

さらに日中、本業であるサラリーマンの方などチャートを監視する時間がない方でも安定的な利益を得ることができる内容です!「Candle-Trend PRO」のレビューで購入者の反応が良かったので少し前から気になっていましたが、内容を読んで腑に落ちる点も多く、初心者や中級者から高評価を受けるのも納得できます。

これまで多くの教材やサインツールを購入しても結果がでなかった方にとっては、負けトレーダーから勝ちトレーダーへと転身するキッカケとなるのではないでしょうか!

販売者のエイク氏については下記動画をご覧ください↓

Candle-Trend PROの内容

その理由の一つが裁量部分をできるだけ排除し、誰が見ても同じような判断ができるように手法をルール化している点にあります。これにより再現性が高く、論理的な判断だけで感情を入れることなく淡々とトレードできるようになります。

まさにノーストレスでトレードしたい方にとっては重宝するのではないでしょうか?
Candle-Trend PROではMTF分析を使って長期トレンド方向に下位足でトレードするトレンドフォロー型の内容です。

さらに言えばトレンド中の押し目や戻りを狙っていきます。
しかも、それらには明確なロジックがあり、エントリー範囲がルール化され教材のキモと言ってもいい部分です。

これまでの多くの教材やサインツールが採用してきたMTF分析ですが、それでも勝てないトレーダーが続出するのも「環境認識」が不明確なことが原因の一つではないかと思います。
(大手企業でのマニュアル化が浸透したことも、そういった人材を増加させたかもしれません。)

Candle-Trend PROでの環境認識

MTF分析では長期から短期へと各チャートで方向を確認していきます。

長期のトレンドは上か、下か、それと横?
上であれば中期トレンドでは、上、下、横?
さらに短期だと・・・・どっちか?

つまり勝率を上げる(無駄なトレード防止)ためフィルターをかけていく作業です。
勝率は上がる一方で結果的にはトレード回数は減る傾向にあります。

多くの教材やサインツールでは環境認識にインジケーターを使って判断しています。

しかしインジケーターは過去のレートを元に作成し、さらに一定期間のレートを平均化することも多く、どうしても直近の反応が遅れがちです。その結果、トレンドの変わり目には負けやすくなる傾向があります。

Candle-Trend PROでは、これらの判断をローソク足(キャンドル)で認識します。

たとえばEMA(20)で1時間足の方向性を判断すると黒四角の部分では下降していますが、ローソク足の高値安値で判断すると上昇を示唆しています↓
Candle-Trend PRO環境認識

 

EMAの期間を20よりも短くすると反応も早くなりますが、今度はローソク足によって左右されることなります。

ローソク足の高値安値だと影響も限定的と思われがちですが、今度はローソク足の高値安値の判断しだいで細かく引いたり、大きく引いたりすることで個人差が出てしまいます↓
高値安値の引き方に個人差

 

これらのローソク足分析でも個人差を明確なルールをもって誰もが同じ環境認識でトレードできるのが「Candle-Trend PRO」です。しかも論理的な根拠があってのルール化になります。

MTF分析に関してエイク氏の下記動画で解説していますが、Candle-Trend PROとは分析方法が異なりますが、気になる方は参考程度にご覧ください↓

3つのトレードロジック

Candle-Trend PROでは3つのトレードロジックが提供されています。

・基本ロジック
・上位足ルール
・転換ルール

しかし、これらのエントリー条件は共通しています。

具体的なエントリー条件は教材のキモとなる部分ですので、詳細は記載できませんが、ローソク足の形やパターンで判断します。各ロジックでの違いは環境認識だけになります。

なお、エントリーについてはエイク氏の下記3つの動画がヒントとなります↓

メインとなる時間足やトレードスタイル

トレードする時間足は、ローソク足を基本としているので短い時間足だとノイズの影響を受けやすくなり勝率が悪くなります。

1分よりも5分、5分よりも15分、日足など時間足が大きくなるほどローソク足を形成するトレード参加者も多くなり、信頼性が増してくるので最低でも15分足以上が推奨されています。

スキャルピングというよりは、デイトレもしくは短期スイングが推奨されています。

販売者は短期スイングちなみに販売者のエイク氏は4時間足をメインとした短期スイングスタイルです。

これなら週末に各通貨の方向性をチェックして毎朝トレードチャンスがある通貨ペアのみチェックするだけですので、チャートを常時監視する必要はなくなります。

4時間ごとにスマホなどでチャートをチェックするか、教材内で推奨するインジケーターを使えばメールやアラートで知らせてくれるので便利です。また、アラートやメール通知があっても直ぐにエントリーするわけではなく、指値や逆指値注文しておけば、あとは放置できますので本業を持っている方でもトレードすることができる点が魅力です。

あと短い時間足になるとブローカーによってローソク足が異なることがあります。

たとえば、Aブローカーでは同時刻の1分足が陽線で終わったけど、Bブローカーは陰線で終了したといったこともあります。ローソク足をメインとして分析する以上、たった1本のローソク足が陽線か、陰線で終わるかは非常に重要になります。

場合によってはトレード条件にも関わってくることなので、超短期でのトレードが推奨されない理由の一つでもあります。さらにギャップの問題も出てくるので、なおさら影響が大きいと言えます。

トレード回数

トレード回数は、15分をメインにすると数回程度、4時間足だと0~2回程度になるかと思いますが、MTF分析によっては全くトレード条件に当てはまらない通貨ペアもあります。

トレードを絞っている分、勝率は高いのですが回数は少なくなる傾向があります。

トレード回数を補うため複数の通貨ペアを監視することで補うことが可能です。4時間足をメインにしても通貨ペアを増やすことで意外とトレード回数があります。

逆に1日に10回も20回もトレードしたい方には向いてないかもしれません。資金を増やしたいのか、それともトレードによるスリルを味わいたいのか、ご自身で判断されたらいいとは思いますが、スリルよりも資金を増やすことを目的として内容なので、スリルを優先される方にとっては面白くない教材になるかと思います。

ただ言えることは収益が安定しているトレーダーほど長い時間足を使ってトレードしている事実があります。

対象通貨ペア

対象通貨ペアに関しては、特に推奨はありません。
どんな通貨ペアでも通用する手法です。

主に下記の通貨を組み合わせた通貨ペアが推奨です↓

USD,EUR,GBP,CHF,CAD,AUD,NZD

通貨ペアによってはヒゲが異様に長かったり、ロールオーバー時のギャップが大きかったり、スプレッドが広がったりするものは避けた方が良いでしょう。

ただトレンドフォロー型の手法である限り、トレンドが発生しやすい通貨ペアを選ぶことは効率的に利益を上げるうえでも他の手法と共通しています。通貨相関インジケーターで強弱の差が大きい通貨ペアを選ぶといいのですが、インジケーターを使わなくても判断する方法が掲載されています。

決済

裁量をできるだけなくし、誰もが同じようなトレードを可能にした手法ですが、決済に関しては裁量部分が割と多いです。

むしろCandle-Trend PRO購入者のなかでも一番裁量が必要な部分で成績にも差が出ると思います。

もちろん明確な決済ルールもあります。

EA化できない理由これだけ優秀なロジックで厳密なトレードルールがあるなら、なぜEAとして販売しないのかっと疑問を持った方も居るかと思いますが、その答えが決済によって成績が大きく影響をするからだと言えます。まさにEAの成績を伸ばすコツが決済にあると言っても過言ではないのです。

現状は人間の判断に勝るものは存在しませんし、柔軟性がある人間だからこそFXで大きな結果を残せるのだと思います。

そして、利益をできるだけ伸ばすことが裁量トレードの醍醐味とも言えます。

>>Candle-Trend PROの購入はコチラへ

まとめ

Candle-Trend PROはトレンドフォロー型トレードスタイルであり、スキャルピングよりはデイトレや短期スイング向けの内容となっています。

トレードルールが厳格化されており、これまで明確なトレード手法を持っていない方や環境認識に不安を覚えていた方にとっては、最適な内容となっています。

初心者の方は勿論のこと、むしろトレード経験が長く収益が安定しなかった方に是非とも読んで欲しいと感じました。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆15分足専用サイン「F15-easy」◆
億トレ監修・たった2年で数億稼いだ手法をロジック化し、分かりやすい移動平均線を用いて超安全パイで高勝率!1日10~20pipsを安定的に獲得します。
サインがでても慌てることなく冷静に判断できるのでサラリーマンの方にもご利用になれるサインツールです。
こちらもサインをメール送信できる機能を搭載。

>> サインツール「F15-easy」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-hybrid」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。