カスタムインジケーター

MT4プライスアクションインジケーター「Candle-Priceaction」のレビュー

MT4プライスアクションインジケーター「Candle-Priceaction」のレビュー

MT4プライスアクションインジケーター「Candle-Priceaction」をご紹介します。

「Candle-Priceaction」は、特定のローソク足を検知するとアラートやメールで通知してくれる便利なインジケーターです。つまりエントリーのキッカケとなるローソク足を検知して矢印サインは出ませんが、それに付随するタイミングを知らせてくれるといっても間違いではありません。

しかし、これ単体だけでトレードすると負けてしまうのでご注意ください。
(相場の方向性が分かっている方は負けません。)

前回、エイク氏の教材「Candle-Trend PRO」をレビューしましたが、これと親和性が非常に強いです。もし「Candle-Trend PRO」を持っておられるなら「Candle-Priceaction」も入手することをオススメします。

あと15分足以上のチャートをトレードメインとして使っている方以外、つまり1分足や5分足をメインにトレードされている方は、キャンドル事態の信頼性が乏しいので効果がありませんのでご注意ください。

さっそく「Candle-Priceaction」をチャートに表示した画像が下記になります↓
Candle-Priceaction

 

ローソク足がカラフルに彩られて綺麗ですね(笑)

ではなくて、ゴチャゴチャして見にくいと正直感じました。

では、これはどうでしょうか?
色なし

 

先ほどよりは、ずっと見やすくなりました。
通常は、このように使います。

もしくは、特定のプライスアクションのみを表示させます。
そうしないと殆どがエントリーポイントになってしまいますからね~。

では、さっそく使い方について解説していきます。

Candle-Priceactionの使い方

Candle-Priceactionですが、5種類のプライスアクションを検知してくれます。

ですが、すべて検知するとなると先ほどのようにチャートがゴチャゴチャになるので、特定のプライスアクションだけ表示させます。

今回は「ピンバー」だけを表示させてみました↓
ピンバーだけ表示

 

ピンバーと一口に言ってもデフォルト設定では、上ヒゲや下ヒゲが短いものや長いものもあったり、十字線のようなものまで検出しています。

「Candle-Priceaction」のなかでもピンバーの設定が一番調整が多く、調整次第でエントリーの精度にも影響しますので、デフォルト設定ではなく自分の好みの数値を設定するようにしてください。

ピンバーの調整といっても[Pin Bar]Percentage(%)、[Pin Bar][ヒゲフィルター]設定値(倍)、[Pin Bar][実体フィルター]設定値(%)など3つしかないんですけどね。

慣れれば簡単ですので、さっそくやっていきましょう!
ピンバーのパラメータ―設定

[Pin Bar]Percentage(%)

これはピンバーの実体部分の割合で高値から安値を100%とすると、実体部分が占める割合を設定するものです。当然、ピンバーにおいては実体の割合が高いよりも低い方が、ピンバーとしての効果が上がりますので、数値が小さいほどピンバーぽくなります。

デフォルトでは10%となっているので10%以下であれば検知する設定です。この項目に関してはデフォルトで使用しても問題ないと思いますし、あまり小さくし過ぎると出現頻度も限られエントリーチャンスを逃してしまう可能性もありますので注意が必要です。

[Pin Bar][ヒゲフィルター]設定値(倍)

実体の幅に対してヒゲの部分が何倍以上を検知するかという項目です。
数値が大きいほどヒゲが長いピンバーを検出することになります。

デフォルトでは2.0倍になっていますが、ここは3~4倍程度がオススメです。
先ほどと同じチャートで4倍にしたのが下記の画像です↓
[Pin Bar][ヒゲフィルター]設定値(4倍)

[Pin Bar][実体フィルター]設定値(%)

3つの項目のなかで一番重要かと思います。
高値もしくは安値から何%以内に実体が入っている設定する項目です。

数値が大きいとピンバーよりも十字線に近い形を検知するようになります。

デフォルトでは2.0となっていて、つまりトンカチやカラカサ程度しか検知しない設定になっています。デフォルトだと殆ど検知することがないので、ここは10~30くらいがちょうどいいと思います。

ここで気が付いた方もいらっしゃったかもしれませんが、先ほどのチャート画像では、とても2.0%以内に実体が収まっていないのにピンバーが検知されています。その原因は、この項目が効いていなかったからです。

デフォルトでは下記の項目が「false」になっていたため2%を超えるピンバーも検知していました。
[Pin Bar][実体フィルター]設定オン

 

[Pin Bar][実体フィルター]ON/OFFを「true」にして、[Pin Bar][実体フィルター]設定値(%)を20にした結果が下記チャートです↓
[Pin Bar][実体フィルター]ON/OFFを「true」

 

先ほどのチャートに比べると随分と検知数が減りました。

Candle-Priceactionだけでは勝てない

ピンバーの設定で検出してもピンバーとして機能していないことが確認できたかと思います。

では、なぜ機能しなかったのか?
まずはピンバーの大きさです。

周りのローソク足に比べるとピンバーの長さが小さかったり、あまり変わらなかったりといったピンバーは、それほど意識されません。
ピンバーの大きさ

 

さらに相場は下ヒゲピンバーだから上昇、上ヒゲピンバーが出たから下降という単純なものではありません。ピンバーやその他のキャンドルアクションはエントリーのトリガーにはなりますが、その前に環境認識ができていないと、せっかくのピンバーやキャンドルアクションを有効には使えません。

たとえば、ダウ理論上昇継続中の押し目タイミングで、ある程度大きい下ヒゲピンバーが出現するからこそ、エントリーとして確信が持てるのです。したがって何もない場所でのキャンドルアクションは意味を持ちません。

キャンドルアクションは根拠の1つとして捉えることが重要で安全にトレードするには、その他の別の根拠が必要となります。

>>Candle-Priceactionはコチラへ

Candle-Priceactionのまとめ

キャンドルアクションのなかのピンバーだけを取り扱いましたが、Candle-Priceactionにはその他に4つのキャンドルを検知します。

ただ、どれもキャンドルだけを意識してトレードするのではなく、相場全体の把握が必要となります。なお、Candle-Priceactionは環境認識についての解説はありませんので、下記教材と合わせて使用すると相乗効果が表れます↓

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆15分足専用サイン「F15-easy」◆
億トレ監修・たった2年で数億稼いだ手法をロジック化し、分かりやすい移動平均線を用いて超安全パイで高勝率!1日10~20pipsを安定的に獲得します。
サインがでても慌てることなく冷静に判断できるのでサラリーマンの方にもご利用になれるサインツールです。
こちらもサインをメール送信できる機能を搭載。

>> サインツール「F15-easy」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-hybrid」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。