FX教材

のぶしのデイトレードのアイキャッチ画像

のぶしのデイトレードを検証してみました

FXフレンズの北原です。

今回は、「のぶしのデイトレ」を検証しようと思います。

のぶしさんの本業は歯医者。すきま時間にトレードをしている方です。

兼業の方は必見ですよ~

のぶしのデイトレードのチャート

のぶしのデイトレードのチャートを見ていきます。

(画像をクリックすると大きくなります)

のぶしのデイトレードのチャート構成

黄色い◯で囲んだ4種類の矢印がありますが、

特に意味を分けず、矢印の向きを見て下さい

 

下のRSIは、出現した矢印を採用するかどうかを判断するために使います。

RSIの数値はネタバレになるのでここでは控えさせていただきます。

判断基準は、買いなら70以下、売りならその逆ですね

 

MACDは、損切りラインを決めるために使います。

MACDの数値もネタバレになるので、ここでは控えさせていただきます。

判断基準は、MACDのヒストグラム

買いであれば、矢印が出現した前のヒストグラムの最安値が損切りラインになります。

のぶしのデイトレードのロジック

のぶしのデイトレードのロジックを解説していきます。

下の画像を見て下さい。(画像をクリックすると大きくなります)

のぶしのデイトレードの買いのロジック解説

①上向きの矢印が出ました

ここですぐにエントリーするのではなく、②RSIが70を超えていないことを確認します

もし、70を超えていた場合は、この矢印は見送り(採用しない)になります

ここでは、まだ70に達していないので、OKとなります。

③矢印が出た箇所は、ケルトナーチャネルとミドルラインの間です

この場合、ミドルラインタッチまで放置で、ミドルラインにタッチしたら買いです

利確ラインは、20pipsです

④この時の損切りラインの決め方は、

矢印が出た時のMACDが緑色ですので、

その一つ前の赤色のヒストグラム期間の最安値が損切りラインになります

 

売りの場合はこの逆になります。

また、下記の画像のような場合があります。(画像をクリックすると大きくなります)

のぶしのデイトレードで矢印が頻発する時

矢印がどんどん出ることがありますが、これについてもマニュアルで詳しく書かれています。

ここではネタバレになるのですみません(^_^;)

 

次は、実際にのぶしのデイトレードが使えるのかどうか検証結果を紹介します。

続きは下の2をクリックしてくださいね。

お名前.com

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。