カスタムインジケーター

MT4用インジケータ ー「T-Note」(トレードノート)のレビュー

MT4用インジケータ ー「T-Note」(トレードノート)のレビュー

T-NoteはMT4上のトレード練習用のインジケーターです。
主に過去チャートを使って疑似売買と売買記録をレビューします。

前回のレビューしたReviewCandleChartと併用して使用することを想定したインジケーターです。

下記の動画で一通りT-Noteを紹介しています↓

 

ReviewCandleChart for MT4だけでは過去のローソク足の動きをトレースするしかできませんでしたが、この「T-Note」(トレードノート)をインストールすることにより、過去チャートを使ってトレード練習をすることが可能です。

練習するにはチャートに「ReviewCandleChart for MT4」と「T-Note」を両方インストールします。

「ReviewCandleChart for MT4」同様に無料版は10分間だけ使用でき、10分経過すると自動的にチャートから削除されます。使い続けるにはライセンスを購入する必要があります。

一旦削除されても再度チャートにインストールすると10分間使えます。

インストールしたチャートの右下にある「T-Note」をクリックするとコントロールパネルが表示されます↓

T-Noteの使い方

冒頭でも記載したとおり、「ReviewCandleChart for MT4」を使用することを前提としたインジケーターなので、「ReviewCandleChart for MT4」を使います。リアルレートでの疑似トレードもできますが、それだとデモ口座でトレードするのと変わらないので割愛いたします。

ReviewCandleChart for MT4の使い方や機能については下記ページを参考にされてください↓

「ReviewCandleChart for MT4」を自動スクロールし、売買したい方向をコントロールパネルの「BUY」もしくは「SELL」をクリックすると、「BUY NOW」もしくは「SELL NOW」と表示されます。そこで買い or 売りたいタイミングで「BUY NOW」もしくは「SELL NOW」をクリックするとエントリーとなります。

 

決済するには「EXIT」をクリックすると「EXIT ALL」が表示され、クリックすると決済されます。

 

エントリーから決済まで獲得もしくは損失したpips数をチャート上に表示できますが、デフォルトだと黒色になっていますので、チャート背景が黒色だと同化して見えずらくなります。

パラメーター設定から下記の項目を黒色以外の色に設定すると目立つようになります↓

 

Reportをクリックすると疑似トレードの成績がチャート左上に表示されます↓

以上が基本的な使い方になります。

>>T-NoteのDLはコチラへ

まとめ

ReviewCandleChartの記事の中でも記載しましたが、同様な疑似トレードができるツールにFT2(Forex Tester2)やFT3、MT4裁量トレード練習君プレミアムがあります。

これらと「T-Note」を比較すると単純に疑似売買するのであれば、値段が安い「T-Note」でも十分です。

しかし、使いなれたインジケーターを使ってリアルトレードと同じ感覚での疑似トレードは難しく、また指値などの機能もないため少し見劣りする部分もあります。

少し高い金額を出して高度な機能が付いた検証ツールを利用するか、値段は安くともローソク足の動きや他通貨ペアとの相関を確認するため「T-Note」を選択するか、利用目的によって選んでみることをオススメします。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。