トレード手法

平均足を使った海外トレードシステム「bandit flash system」

平均足を使った海外トレードシステム「bandit flash system」

平均足を利用した海外の無料トレードシステム「bandit flash system」をご紹介します。

エントリーと利確をサインとアラートで知らせてくれる便利なツールです。

使用する時間足は5分~4時間、対応通貨ペアはメジャー通貨です。

まず最初に言っておきますが、サインはリペイントします。

過去チャートを見ると実にいいタイミングでサインが出ています↓
(*すべての画像はクリックすると拡大します。)

 

リペイントするツールでも使い方次第です。

そう、あまり短い時間足だと振り回されるかもしれませんが、1時間足や4時間足などノイズが入りにくい時間足だとトレンド方向を確認するのに良いツールになります。っということで推奨は1時間足です。

bandit flash systemの中身

bandit flash systemは以下のインジケーターがあります。

・++ALERT BUY SELL
・++CLOSING
・++DAYS
・++HEIKEN
・++HYPERSIGNAL
・++MINI
・++PANAH LONG TREND
・++PANAH13-7
・++POWER
・++PRICE
・++RANGER
・++TIME
・++TREND SESSION
・Snake
・T3_clean

トレード方法

エントリーや決済はサインに従うだけで意外とシンプルです。

矢印サインには大きな矢印と小さな矢印サインがあります。

大きな矢印サインはトレンド方向を示し、小さな矢印サインは小転換を示し、これがエントリーサインとなります。

ちなみに小さな矢印サインは青色とオレンジ色とのクロスでサインが出る仕組みです。

買いエントリー条件

・平均足の色が青色
・緑色の大きな上昇矢印サインが点灯している
・サブチャートのトレンドセッションインジケータが水色となっている
・小さな白色上昇サインが点灯でエントリーします

売りエントリー条件

・平均足の色が赤色
・灰色の大きな下降矢印サインが点灯している
・サブチャートのトレンドセッションインジケータが赤色となっている
・小さな白色下降サインが点灯でエントリーします

決済

利確は黄色の×サインもしくは、トレンドセッションインジケーターの色が変わったタイミングです。

ロスカットはエントリー後、直近の安値や高値より少し下や上に置いておきます。

 

リペイント状況

冒頭でも記載したとおり、bandit flash systemはリペイントします。

下記は1分足で動かしたときのサイン状況です↓

 

時間足を切り替えて再度1分足に戻すと・・・下記のようになっています↓

 

分かりましたか?

切替え前の下降矢印サインが消えています↓

>>bandit flash systemのDLへ

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆15分足専用サイン「F15-easy」◆
億トレ監修・たった2年で数億稼いだ手法をロジック化し、分かりやすい移動平均線を用いて超安全パイで高勝率!1日10~20pipsを安定的に獲得します。
サインがでても慌てることなく冷静に判断できるのでサラリーマンの方にもご利用になれるサインツールです。
こちらもサインをメール送信できる機能を搭載。

>> サインツール「F15-easy」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-hybrid」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。