FX初心者

赤い風船を手放して残念がる少女

FXの損切は絶対の必要

FXでも株でもロスカット(=以下損切)できなければ生き残れません。

3年以内に90%以上の方が退場すると言われるFXですが、その理由は損切できなかったことによります。
逆に言えば、損切さえできれば、生き残ることもできます。

さてなぜ、損切できないのでしょうか?

人間の脳はFX(投資)に向いていない

人の感情だけでFXを始めると「早く利益を出したい」、「絶対に損をしたくない」という感情に支配されます。

ドル円を100円で買って、102円で利確はできますが、98円になった時、また元に戻るのではないかと初心者は考えます。
結局、90円まで下がって、口座が破綻してしまうケースはよくあることです。

下のチャートは2018年後半のユーロドル(EURUSD)日足です。
ワタシがロスカットできなかったよくないパターンの一例です。

1.168付近でエントリーして、利確できず下げに転じました。
1.15付近がサポートラインだったので、ここから反転に転じるかと思いきや、結局1.15ライン割り込んでワタシの口座は大幅マイナスになりました。

ロスカットできず、破綻したEURUSDチャート

ワタシに限らず、この時に資金を減らした投資家は多かったと聞きます。

また投資の世界では、高い時に買って、安い時に売ってしまう習性が人間にはあります。

「もっと上がるのではないか」、と高値つかみをしてしまう精神状態、逆にポジションを持っていると「これ以上下がっていくと資金を失ってしまう」恐怖で売ってしまうことがあります。

野菜で考えればどうでしょうか?
台風一過でスーパーで買う野菜が急騰することがあります。

この時は高いキャベツは買わないで、安い豆腐を買うなどして食材を選ぶのに、投資では冷静な行動ができません。

FXの世界では、脳の習性に打ち勝てないと、勝利はありません。

このほかに、損切と資金管理の関係性などもありますが、この記事では触れません。
後日の記事で資金管理については要点を述べる予定です。

FXで損切を確実にするためには

各国のコイン

 

裁量取引をする上で、損切を実行するためには大きく分けて2種類あります。

  • 機械的にロスカットする
  • 裁量で損切幅を決める
  • FX初心者の方がトレード手法を学ぶ上で最初に実行するのは、最初から損切幅を決めて行う方法です。

    エントリーした時に最初に10pips、20pipsと損切幅を決めてしまいます。

    損切した後に、急騰したり、急落して悔しい思いもたくさんしますが、損切は「FX成功の糧」と思って実行してください。
    市場から退場しない習慣作りが、一番です。
    ただしこの方法はホントに初心者レベルの損切方法です。

    裁量による損切幅の決定

    その次に裁量で損切幅を決めてください。

    FXのチャートには一定の法則があり、抵抗と呼ばれるラインや雲が見えてきます。
    このラインを割ったら、さらに下がる、上がるが見えてきますので、これがわかってくると損切の確率は一気に減ることになります。

    よく言われることですが、大相撲と違いFXは5勝10敗でも勝ち越し(資産を増やす)ができます。

    5勝×平均30pips= 150pips
    10敗×平均10Pips=▼100pips

    差し引き50pipsのプラスです。

    損切のまとめ<

    海外の市場チャート

     

    実際には、取引手法によっても損切の考え方は変わってきます。

  • デイトレード
  • スイングトレード
  • スキャルピング
  • また、順張り、逆張りによっても損切の設定は違います。

    大切なことは、感情に左右されず淡々と損切することです。

    またFX初心者や退場する方は、損切(逆指値)の注文を変更してしまうことがあります。
    これは絶対にダメです。

    ワタシも何度もこれで失敗しています。

    自分の裁量に合ったロット数で取引をしていれば、市場から退場する確率は減ります。

    損切(ロスカット)手法もたくさんありますが、詳細は後日の記事で案内します。
    まず初心者は、損切の必要性を感じてください。

    FXフレンズではいろんな取引手法を紹介してくれるはずです。

    アナタもたくさんの勝ちパターンを学ぶと同時に負け戦もしっかりと学んでください。

     

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。