テクニカル分析

MTF(マルチタイムフレーム)の落とし穴

MTF(マルチタイムフレーム)分析の落とし穴

MTF(マルチタイムフレーム)分析においては、意外な落とし穴があります。

MTFを簡単に説明すると長期方向に沿って、下位足で同じ方向エントリータイミングを計ることによりトレードに優位性を持たせています。たとえば、エントリー基準足が5分足であった場合、15分足、60分足、4時間足、日足と各時間足でトレンド方向を分析します。

上位足全てが上昇トレンドと判断されれば、当然5分足で買い方向にエントリータイミングを探します。
大きな流れに逆らわずエントリーした方向に行きやすいというのが順張りの基本ですね。

慣れるまで1つの時間足に絞る

上記のように全ての時間足が同じ方向なら下位で狙う方向も明確です。

しかし問題は複数の時間足の方向が異なる場合です。

仮に各時間足のトレンドが下記の状況だと5分足でどちらの方向にエントリーしますか?

15分足:上昇トレンド
60分足:上昇トレンド
4時間足:下降トレンド
日足:下降トレンド

恐らく5分足なら上昇を狙いますよね?
長く保有するなら下降を狙うかもしれません。

では、下記の状況ならどうでしょうか?

15分足:下降トレンド
60分足:上昇トレンド
4時間足:上昇トレンド
日足:下降トレンド

短期では下降だけど中期は上昇、長期は下降。
どっちを狙ったらいいのか分からなくなります。

これがMTFの難しさです。
分析するほど訳が分からなくなります。

そこで慣れるまでは1つもしくは2つの時間足に絞ることです。

5分足なら1時間足か、4時間足だけ確認します。
こうすれば迷いも減ります。

2つとも方向が異なる場合はエントリーを控えるか、もしくは次の4時間足が確定するまで1時間足の方向に沿ってロスカットをタイトに設定し、エントリーするなどルールを決めておくといいです。

最高値 or 最安値掴みに注意

MTF通りにトレードしても必ず勝てるわけではありません。

先ほどの上位足全ての方向が一致した時に負けるパターンが高値や安値掴みです。
このパターンでは既に伸び切ったところでのエントリーとなります。

複数の移動平均線を利用したパーフェクトオーダーでも起こることです。
押し目や戻しでエントリーできたとしても直近の高値や安値を更新できなず、持合いから短期的にはトレンド反転するパターンです。

移動平均線からの乖離幅や押し目や戻りの回数でエントリーを回避するか、もしくは建値撤退を視野に入れエントリーするなどがベストです。

本格的なトレンド転換なのか、長期での一時的な押し目や戻りなのか見極める必要があります。

まとめ

MTFは分析すればするほど方向性が分からなくなるケースがあります。

慣れるまでは複数の時間足を確認するのではなく、1から2つ程度に絞って分析すると有効です。また、全ての時間足の方向が一致した状況では、既に伸び切った状態でないことの確認も必要となります。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆15分足専用サイン「F15-easy」◆
億トレ監修・たった2年で数億稼いだ手法をロジック化し、分かりやすい移動平均線を用いて超安全パイで高勝率!1日10~20pipsを安定的に獲得します。
サインがでても慌てることなく冷静に判断できるのでサラリーマンの方にもご利用になれるサインツールです。
こちらもサインをメール送信できる機能を搭載。

>> サインツール「F15-easy」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-hybrid」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。