FX教材

ゾーンスキャルFXのチャート画像

ゾーンスキャルFXを使った感想

FXフレンズの伊能です。

今回はクロスリテイリング、FX-katsuさんのゾーンスキャルFXを紹介します。

いやはや、この商品ボリューミーです。音声含む動画時間だけで約11時間です。
このほかにインストールマニュアル動画がさらにあります。

FX-katsuさんの自己紹介動画を省くとしても(笑)、視聴だけでヘビー級です。

どんなに長くても内容がなければいけませんが、内容は簡単に言えば「FXの基本、応用習熟動画」です。

本気でFXに取り組む覚悟のある方は、購入して何度も「ゾーンスキャルFX」動画が擦り切れるくらいしっかりと視聴してください。

ゾーンスキャルFXのロジックは

ゾーンスキャルFXはマルチタイムフレーム(=以下MFT)を使ってゾーン(=レンジ)とブレイクポイントを獲る王道手法です。

レジサポ説明画像

実際はサポートとレジスタンスが直線になるよりも直線のイメージがあると何度もエントリーのチャンスがあります。USDJPYチャート

 

MTFですから長期足でトレンドを見て、中期足、短期足でトレードします。

インジケーターはチャート上で平均移動線SMAを使います。2本使いますが数値に関してはここでは言えません。

オシレーター系のインジはRCI、CCI、MACDなどをエントリーや決済のトリガーに使用します。

ゾーン戦略で使うインジケーター

RCI、CCI

ブレイクアウトで使うインジケーター

移動平均線短期、中期2本、MCDA

感心したのは、FX-katsuさんのオシレーター系、説明がわかりやすい点です。

「買われ過ぎ、売られ過ぎの指標など、どれを使えば一番正確なの?」と思ったことがないですか?

結論から言えば、正解はないのですが、使う意義、この指標の意味がわかりやすく動画や画像で説明されていました。

FX初心者の方でもし、上記のロジックがよくわからなくても大丈夫です。
だれでもゾーンスキャルFXが使えるように、「ロジック解説BOOK」の章で詳細に説明があります。

ゾーンスキャルFXの実践

2019年3月4日16時ごろ、AUDUSDのチャートです。

10通貨ほど見ていましたが、レンジ通貨が多く、トレンドがついた通貨は見当たりませんでした。

比較的AUDUSDが2月27日ごろから下落基調にあったので、1時間足に黄色のラインを引いてゾーンとしました。青色の部分です。

AUDUSDチャート

次に5分足に落としてみました。なだらかな下落なので10Pips取れますね。

AUDUSDチャート5分足画像
トレンドさえ見つければ、勝てる可能性は高くなると思います。ただしサインは上げ、下げ両方出るので見極めが必要です。

トレード経験が少ない方は不安ですね、でも、大丈夫です。
このサインの出方は購入すれば自分が見やすくなるように細工できます。

工夫の仕方はここでは秘密です。(笑)

ゾーンスキャルFXの見どころは

見どころと言っても、ドラマではないのであらすじを書くわけではありません。ww

先に動画が10時間以上ありますよ、とお話させていただきました。全部真剣に見るわけではないと思うのでポイントだけ書きます。

ツール一覧から

  • ゾーンロジック専用サインツール 使い方動画
  • ブレイクアウトロジック専用サインツール 使い方動画
  • FXがある程度わかっている方はこれだけでいいです。あとはツールをダウンロードして実践あるのみです。

    ほかの動画は時間のある時に見てください。

    まったくの初心者の方は、何度の試聴して基礎から学んでください

    ゾーンスキャルFXの作者FX-katsuさんとは

    FX-katsuさんの写真とロゴ

    FX-katsuさん

    FX-katsuさんはクロスリテイリングの社員です。FXを始めて7カ月目でプラス、以来毎月常にプラストレードのPIPSハンターです。

    クロスさんの社員なので、FXの商品紹介ではよくお見掛けします。
    FX-katsuさんは、セミナーで一度お会いしたことがあります。

    動画上では、若いわりによくしゃべる印象で、チャラいタイプかと思いましたが、お見掛けすると画面上通り、細面の小柄な方でしたが、会ったほうが人間味があって印象はいいです。(笑)

    ゾーンスキャルFXのLPでも、本編でもよどみなくわかりやすくFXのトレード手法を解説してくれます。

    原稿があったとしても、映像の外側の人間にものを伝える能力は本人の努力と才能が必要です。

    FXをこれから勉強する方にとってゾーンスキャルFXは聞きやすい、わかりやすい教材と言えるでしょう。

    ゾーンスキャルFXのおすすめ度

    一般的に、レンジとトレンドの比率は7:3と言われています。
    ゾーンスキャルFXはどちらかと言えばトレンド相場で活躍するツールです。

    ゾーンスキャルFXは押し目買い戻り売り、ブレイクアウトが基本なので、相場をじっくり待つ姿勢が大事になります。

    動画を見ているとすぐにでもゾーンが出現して、ウハウハと勝てそうですが、そんなことはありません。

    長期足のゾーンが見つかって2本のラインを引きます。
    ここからさらに短期足でエントリーゾーンを見つけます。

    1日、10通貨程度チャートを俯瞰できたとしても、押し目買い戻り売りチャンスは動画で感じるほど多くありません。
    でもサインは結構出ます。

    全部エントリーしていたら、FX-katsuさんほどの勝率は上げられない気がします。

    中級者以上の方なら、サインの精度を高めてエントリーすることは可能でしょう。

    初心者の方は最小ロットから始めて、徐々にトレードになれてください。

    ゾーンスキャルFXはお値打ち?

    クロスさんの商品は安定感があっていいのですが、ちょっと煽りすぎのきらいがあります。

    ゾーンスキャルFXはサポートが非常にいいので、徹底的に使い倒す気持ちがあれば、買値は十分に回収できる可能性があります。

    FXはどの教材、ツールで学ぶかも大切ですが、誰に学ぶかによって時間短縮や勝利者の道が開けると言ってもいいでしょう。

    まずはこちらでゾーンスキャルFXの詳細を確認してください。

    >>【JCB/AMEX版】ゾーンスキャルFX

    >>ゾーンスキャルFX

    FXフレンズでは、教材購入特典を用意しております。
    すべてオリジナルで作られたものなので、購入することはできません。

    エントリー手法は多く身につけて損なことはありません。是非こちらの記事も読んでから購入の検討してはどうでしょうか。

    ゾーンスキャルFXはFX初心者から学べるように作られています。

    FXで勝ち組になるのは簡単ではありませんが、10時間動画を何度も見る決意、気力があればこの教材も価値あるものになります。

    FXフレンズはブログランキングに参加しております

    ランキング1位を目指してライバルと戦ってます!

    にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    お名前.com

    ドル円100万円キャッシュバック

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。