カスタムインジケーター

時間足を切り替え不要で上位足・下位足のローソク足が確認できる方法

時間足を切り替え不要で上位足・下位足のローソク足が確認できる方法

時間足を切り替えることなく上位足や下位足のローソク足を
ミニチャートで確認することができるインジケーターをご紹介します。

チャートに複数のインジケーターをインストールすると時間足を切り替えた時に表示されるまで時間を要したり、リペイントするインジだとサインが消えたり、ラインの色が変わったりすることがあります。

原因は時間足を切り替えることによって、各インジケーターを最初から読み込む処理をしているので、多くのインジケーターを入れると処理に時間が掛かったり、サインが消えたりします。

時間足は切替えしたくないけど、上位足や下位足のローソク足が気になる。
そんな時に便利なのが、これから紹介する「ZoomIN」と「ZOOM OUT」です。

ZOOM OUTの特徴

任意のローソク足の上位足をミニチャートに表示するのが「ZOOM OUT」です。

 

ミニチャートはデフォルトではshiftを押しながら「o」を押すと表示されます↓

 

パラメーター設定で「o」以外にも好きなキーを変えることでカスタマイズ可能です。

表示された虫眼鏡をローソク足にあわせると該当の上位足がローソク足形状がミニチャートに表示されます。

15分足だと右から15分足、1時間足、4時間足、日足、週足と表示されます↓

 

これが5分足では右から5分足、30分足、1時間足、日足と上位足の時間足が少なく表示されます↓

>>ZOOM OUTのDLはコチラへ

ZOOM OUTの使い方

上位足のローソク足は、結構下位足に影響があります。

とくに5~15分足を中心にトレードするデイトレーダーにとっては、4時間足のローソク足の形は意識した方が良いです。

4時間足が陰線形成中なら下位足の5~15分足のトレードは売り方向にトレードした方が有利です。

理由は4時間足が確定されるまでは、売りが優勢のため多少戻したところで戻り売りされるケースが殆どです。ところが、4時間足が形成され、次の4時間足になるとそれまでの流れが逆転することがあります。

4時間足が形成され始めて30分くらいまでは、それまでの流れを引き継ぐか、それとも逆の流れになるかは不明ですが、安全にトレードするならそれまで待っても遅くはないと思います。

ZoomINの特徴

こちらは上記のZOOM OUTの逆で任意のローソク足の下位足をミニチャートに表示するのが「ZoomIN」です。

ミニチャートはデフォルトではshiftを押しながら「i」を押すと表示されます↓

 

4時間足だと2つ下の30分足がミニチャートに表示されます↓

 

1時間足だと2つ下の15分足がミニチャートに表示されます↓

>>ZoomINのDLはコチラへ

ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 為替ブログ FX ハイレバトレード派へ
にほんブログ村

まとめ

「ZoomIN」と「ZOOM OUT」はチャートの時間足を切り替えることなく、上位足や下位足のローソク足の状態をミニチャートで確認できる便利なインジケーターです。

表示の切り替えができるのでメインチャートの邪魔にもなりません。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、4種類のサインツールをリリース致しました。

◆5分足専用サイン「F5-simple」◆

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。